--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回四葉庭博簡易レポその2

18:09


遅れてしまって申し訳ございませんでした。
第7回四葉庭博レポ、後編です。

前編はこちらです。
前編をご覧になっていない方はそちらからご覧になることをおすすめ致します。



それではスタート!





さぁ、蒸し暑さをふっ飛ばすが如く、素晴らしい驚きとインパクトのあるお庭からスタートしましょう!
ちなみにふっ飛ばすをフットバスと一発変換した私は恐らく温泉好きなんでしょうね!(


2010-07-18_21-16-09_BSFROC.png


な、なんじゃこりゃぁぁあああ”あ”!!!

思わず太陽に吠えてしまうほどそこは異空間と化していました。
私がどこにいるか分かります?もちろん私は分かりません。

使用しているフィギュアの数はそこまであるわけではないのですが、
如何せんドラゴンやライオウの大きさが半端ないため、必然的に異空間化しておりますね。
せっかくのタイニーハウスやwater garden(英語表記)が見る影もありませんね!
インパクトだけで言うなら今回の庭博堂々の1位でした。もちろん個人的に感じただけですけれども。




2010-07-18_21-19-03_BSFROC.png




てーてーててー てーててー てーててー
てーてーててー てーててー てーててー



な、なんじゃこりゃぁぁあああ”あ”!!!(2度目


フリ鯖にもこのようなコンセプトのお庭がありましたが、
主にスケッチの意味でこれはかなり手間掛かってると思います…。
ちなみに粘土消費数を聞いたら………    (遠い目




2010-07-18_21-21-37_BSFROC.png


強き者になびくのが世渡りのコツ!




どんどんいきましょう。


2010-07-18_21-27-09_BSFROC.png


思わず座り込んで庭主さんとお話ししてしまったお庭です。
確か…世界崩壊の話をしていた気がしますが…キノセイですね、ええ。

家具が手元にあるとついつい雑多に置いてしまいたくなりますが、
このお庭さんはシンプルかつ良い家具との間の開け方をなされていますよね。
そして、なんと言ってもきらきらハーブの使い方が素敵です。
ぐったりとさせたときの淡い光が雪とも非常にマッチして素敵んぐです。素敵んがー素敵んぐです。

ティーポットは家具発掘イベントでよく出るものですが、ああいう風に並べておくと雰囲気が出ますねぇ…。
いろいろとお勉強させて貰いましたc⌒っ*゚ー゚)φ メモメモ...




お次はこのお庭ですー。


2010-07-18_21-47-34_BSFROC.png


滲み出るカオスが、そこにある。


よくよく見ますと、雅に咲く桜に沸く虫をDEMが必死に打ち落としていたり、




2010-07-18_21-48-01_BSFROC.png


安西先生…サッカーがしたいです…と言わんばかりに
ひたすらシュートに励むミイラさんがいたり、
豪勢なお弁当に群がる巨大ありがいたり…。

こんな花見 <(|| ̄口 ̄)>いやああああ!!

庭主さん曰く、花見の暗黒面を前面に押し出してみました とのこと。
こんな花見だったら自宅でこっそり犬っころでも愛でていた方がよっぽど良いなぁ…orz

しかし、やはりフィギュアの使い方が秀逸でないとここまでの表現は出来ませんね。
ちょっとベクトルが間違っている気もしなくもないですが、やはり脱帽の一言です。




2010-07-18_21-51-02_BSFROC.png


へたれさんがころがってるのは予定調和ですね、ええ。




さくさく行きましょう。


2010-07-18_21-59-28_BSFROC.png


じゃきーん じゃらじゃらじゃらじゃら…
という効果音がまさに聞こえてきそうな、心躍るカジノがそこにはありました。

リールフィギュアなどいろいろと注目すべき所はありますけれども、私が驚いたのは桜の木。
一見カジノとは合いそうにない組み合わせですが、
このお庭ではむしろアクセントの一つとして庭に溶け込んでいます。これはすばらしい!
さらに絆の小道などの斜め配置等、庭主さんの技巧が遺憾なく組み込まれていますね。
マーメイドが店員なのも素敵です。ささ店員さん、貴女が負けたらお持ち帰りでいいですよn




ぱぱっといきますー。


2010-07-18_22-12-34_BSFROC.png


こちらのお庭はとにかく作業用丸太の使い方が素晴らしすぎます。
花が添えてある段差つきテラスだけとっても感嘆の一言なのですが…




2010-07-18_22-12-55_BSFROC.png


見て下さい。あえて階段を使わずに丸太だけでお手製階段を作られています。
柵の代わりに花壇を使用することで見た目的にもとても素敵んぐ。開いた口がふさがりません。
でも火事があったら一瞬で燃えそうですけどね!




2010-07-18_22-13-08_BSFROC.png


裏に埋め込んだクローゼットで2Fの扉を演出されてます。
下に出てしまっている部分をわざわざ額縁で隠すあたりからしても、
とても丁寧に作られていることが伺えますね。



2010-07-18_22-13-27_BSFROC.png


中を拝見。
設置数の関係上少々質素といった感じですが、
2Fの入り口はもちろんのこと、外階段の柵をわざわざ中にまで設置してある丁寧ぶりです。
こういう細部まできめ細かに作られているお庭がホント好きな私はどうしたらいいんでしょうか…(

大きな木箱のテーブルというのも、簡素ながらいい味を出していますね。
テーブル選択肢の一つとしてメモしておこう…c⌒っ*゚ー゚)φ メモメモ...




なんだか飛ばし気味で少々内容が薄い気もしますがどんどんいきますー。


2010-07-18_22-14-42_BSFROC.png


こちらのお庭も、water garden(くどいようですが英語表記)の使い方がさすがですね。
イメージとしては、お堀に掛かった桟橋を渡って城内へ といった感じでしょうか。
もしくは道頓堀に白ひげおじさん人形ダイブといった感じでしょうか。
アイアンサウス風の家は入り口に小さい吊り橋があるんですね。見事に一体化していてびっくりでした。




2010-07-18_22-15-15(001)_BSFROC.png


中を拝見です。どちらかと言えば黒庭に分類される感じでしょうか。
シャンデリア金やガス灯などを有効活用されて、威厳のある内装に仕上がってますね。
左右均等気味なのも個人的には素敵だと思います。キューブなどの使い方もさすがの一言ですね。




2010-07-18_22-15-21_BSFROC.png


そして、中央のキャンドルと月の石がやはりなんと言っても一番目を引きますね。
淡い光が黒い内装にぴったりです。
キャンドル自体は安価で作れますし、黒庭を造る予定のある方は有効活用してみるとよいかもしれませんね!




ばしばしいきまっしょう!


2010-07-18_22-16-26_BSFROC.png


あれ?water garden(さらに略)にこんな隆起あったかな…?と考え込んでしまったお庭です。
よくよく考えてみると、こんなような敵がレイヤーにいましたね。確かエレメンタラーでしたか。
うはすっごいよわそうーと思って殴ったら強くて涙目でしたよええ!




2010-07-18_22-17-24_BSFROC.png


そして内装…うわあああああああ!!!
エレメンタラーの悪夢再び。これは正直怖いレベル(

ちなみに、普通に見ると雨漏りしてる感じでしょうかねー。
こんなwater garden(略)の使い方は思いつきもしませんでした。脱帽です。




ばっこんばっこん。


2010-07-18_22-22-27_BSFROC.png


雑草を見直しました。
たかが雑草と思っていましたが、ここまで計算尽くされて並べられると雰囲気が凄く出ていますね。
とっても抜きたくなるけど。
屋根のススキも雰囲気が出て素晴らしいですね!
とっても抜きたくなるけど。
ところで、ながれさんの羽って綺麗ですよね!
とっても毟りたくなるけど。




2010-07-18_22-23-50_BSFROC.png


中を拝見です。
和風調の素晴らしい配置になっていますね!
丸太での梁の表現から脚立衝立の置き方までどれも素晴らしいの一言に尽きるわけですが




2010-07-18_22-24-08_BSFROC.png


やはり高さはロマン と豪語する私的にはここが一番印象に残りました。
思いつきはするんですが実際に見たことは今まで一度もなかった、階段ダンスを使った階層です。
しゃるうぃーだんす?

ECOタウンで売っている階段は少々大きくて小回りもききづらく、
小さい段差などは本来は椅子や何かで自作するしかなかったんですよね。
でもこの階段たんすなら無問題。収納と階段が一緒になってますし、とってもお得!
唯一のデメリットは値段が高いことですけれども…orz




2010-07-18_22-24-35_BSFROC.png


四葉鯖にて、ナンパをするながれ氏の図。
これ後日紫苑さんに送っておくのでー(




続いてのお庭ですー。


2010-07-18_22-29-16_BSFROC.png


カテドラルにH&A飛行帆。
相反しそうな組み合わせですが、緞帳やバラの柵などを使って見事に一体化されてますね。
そして上空を見上げると…?




2010-07-18_22-28-42_BSFROC.png


黒庭庭博でレポさせて頂いたお庭の中にもオーロラを有効活用されていたお庭がありましたが、
こちらはどちらかと言えば本物のオーロラみたいに折り重なっているように配置されていました。
北斗七星も相まって凄く素敵ですな!




2010-07-18_22-30-02_BSFROC.png


中は墓地のような感じになっておりました。
さりげなく柵の中に正体不明がいて…ガクガクブルブル




2010-07-18_22-30-25_BSFROC.png


2010-07-18_22-30-31_BSFROC.png



ですよねー。

でもそうと分かっていても開けたくなるのが人間の性…
ではご開帳!


そのご たまごづきのすがたをみたものは だれもいなかった



尚wander garden管理人は卯月遥ですのでお間違えの無いよう(




次のお庭はこちらですー。


2010-07-18_22-36-27_BSFROC.png


なんだかとっても機械な雰囲気というか、DEMDEMしているお庭ですね。
家の両脇のエレファント系には攻防戦でもアクロポリスでもおいしい思いをさせて頂いております(

何だろうこの光…と思ったら、よくよく見ると北斗七星でした。
左右均等に使うとロトの紋章みたいになるんですね!




2010-07-18_22-37-22_BSFROC.png


中を拝見。どうやらDEM工場の模様です。
装置や像など、素朴ながら随所に技が込められていて素敵なお庭でした。
SSからは分かりませんが、機械のかたまりフィギュアがカン!カン!と音を出してて
凄く製造工場みたいな臨場感がありましたし。

ところで、私の右腕をロケットぱんちにできませんk…




次のお庭ですー。


2010-07-18_22-41-46_BSFROC.png


本日最後のウォーターガーデン…ごほん、water gardenです(
丸柱やアーチなど、凡人には考えもつかないような素晴らしい配置をなされている訳ですが…




2010-07-18_22-41-54_BSFROC.png


裏側のこの噴水が一番インパクトがありました。エビアーン!とか叫びたくなります(
1つではこじんまりとした噴水でも、重ねるだけでここまで情緒あふれるものに変わるのですね!
思わずペガサスが水を飲みに来てしまう気持ちも分からなくありませんね。




2010-07-18_22-42-40_BSFROC.png


内装はこんな感じで、和洋折衷といった感じでした。





2010-07-18_22-42-15_BSFROC.png


普通に考えればヴァンパイアソファーと茶屋の傘なんてかなりのミスマッチ…なはずなのですが、
本当に違和感なく配置なされていて開いた口がふさがりませんでした。
インスが目立って思うように運用できない屏風も、本当にうまく配置されてますね。
脱帽というか、脱カツラぐらいの勢いであります。

尚、私はまだア○ランスに頼る年ではございませんのでご安心下さい(




さて、残すところ@2つです-。


2010-07-18_22-47-03_BSFROC.png


丸太の使い方がとても上手なお庭さんです。
列車から降りて徒歩3歩で宿に着くのも素敵ですね!




2010-07-18_22-47-20_BSFROC.png


ECOタウンの壁では出来ない空間の仕切りも、丸太なら難なくこなせますね。
乳白色の露天風呂にも、雪の床にもマッチしていてとても素敵な壁になってます。
こんな露天に使ったら…気持ちよすぎて溶けてしまいそうですねー!

って、わたしゃぷるるかっ!




2010-07-18_22-47-55(002)_BSFROC.png


ヒトリ寂しくセルフツッコミしたところで中を拝見です。
旅館風な配置になっていますね。
やはりたたみは日本の和の心~。

どうでもいいですが庭主さんが私の好みだったんですが…この後お時間ありますk…

はっ、某星氏と同じようなことしてる!




ラストのお庭ですー。


2010-07-18_22-45-34_BSFROC.png


タイトルからしてなんだか不吉なお庭さんだったのですが、
外装…イチゴのケーキだけ。

おそるおそる中を拝見しますと………




2010-07-18_22-46-11(001)_BSFROC.png


そのご うづきのすがたをみたものは だれもいなかった




と言うことで、少々飛ばし気味で後半お届け致しました。
長さの都合によりいくつかのお庭さんを省いちゃったのが心残りです…。
気力と体力と時間があれば全部のお庭を紹介したいのですが…
はてさて、そんなことを出来る日はくるのでしょうか…。


2010-07-18_23-02-38_BSFROC.png


唯々ぽけーっと 庭好きー と唱えていただけな私だったんですが、
今回の庭博でいろいろと悟らせて頂きました。
私の知らないところで、いろいろな人が色んなことをされているのですね…。

ともあれ、まずは自分の庭テクニックのスキルアップでしょうか。
日々精進の心がけが大切ですね。今後も頑張っていこうと改めて思い直した今回の四葉庭博でした。




さて、レポ遅れて本当に申し訳ございませんでした。
カウンター回りすぎですからほんと!

やめて!私の中の罪悪感はもうゼロよ! 

…あれ、これじゃおかしいですね、もういっぱいいっぱいよ!ですね(



尚何度も告知してきた通り、1,5倍期間はいつもよりさらに更新頻度が低下します。
たまに気晴らしに執筆して、あわよくばそんな記事が完成したら更新するかも知れませんが、
ともあれ、今後ともぐーたらブログ「water garden」をよろしくお願い致しますです。



…あれ?



コメント

    コメントの投稿

    スパム防止のため、httpと大手サービスのアドレスを禁止語句に指定しております。
    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。