--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回四葉庭博簡易レポその1

15:55


今日は、海の日です。

嘘です。昨日が海の日です。ハッピーマンデー制度はとっくのとうに適応されています。
もちろん、膿の日や生みの日ではありません。
毎度毎度誤字ネタから入るような一辺倒な文章展開ではございませんので、ご安心下さい。

しかし、どうもまだ週の月曜日を祝日にする暦になれていない私であります。
小学生時代は7月20日と言えばそう、一学期が終わり、夏休みの宿題を放り投げ、
ついでにハンマーも放り投げ、消費税議論も放り投げ、
これから始まる夏本番への期待を胸一杯に膨らませる日。
まさに夏が始まる日と言っても過言ではありませんでした。

それが今じゃどうですか。
暑いだの豪雨だの夏休みはまだだの、仕舞いにはwander gardenとwater gardenが似てるだの、
とにもかくにも海の日を素直に喜べない根っからの現代人がここにまた一人生まれております。嗚呼嘆かわしい。


大体、ハッピーマンデー制度なるモノが導入された結果、私の誕生日が祝日で無くなってしまったんです。
それこそ小学生時代は
『うわぁい、成人の日は毎年祝日だから、毎年みんなでパーティーして祝ってくれるー!』
と子供心に喜んでいたんですよええ。

それが今じゃどうですか。
なんとパーティーどころかリアルで祝ってくれる人間すらいなくなりましたよ!!
ごほん。 私の周りの人間は全員ツンデレなので、面と向かって祝福できないに違いありません。ええ。

ともあれ、そういういきさつからいくら連休になるとはいえ、
ハッピーマンデー制度に諸手を挙げて喜べない私ですので、やっぱり私の中では今日が海の日なんです。
さあ同士達よ、声を高らかに上げてご唱和下さい。

俺たちの海の日はこれからだ!!



ということで今日を強引にオフにした私が、第7回四葉庭博のレポートをぱぱっと書いてしまうテストです。





2010-07-18_19-00-32_BSFROC.png


まずは開会式の様子です。やっぱり始まりは人が疎らですね;;
もちろん閉会式では嘘のように人も庭も集まる訳なのですけれども。


ちなみに何がやり過ぎなのかというと、開始30分前に会場入りするという…ry




そんなわけで、はりきってレポに移りますね。

尚、全てのお庭を紹介することはかなりの労力を費やすことになりますので、
wander gardenでは特に私が印象に残ったお庭さんだけをご紹介させて頂くことにしております。
掲載に不都合な点等ございましたらお気軽にコメントの方へお寄せ下さい。

また、前回のレポにて紹介させて頂いたお庭さんは省かせて頂いたり、
簡易的な紹介とさせて頂いたりすることがございます。重ねてご了承下さい。


2010-07-18_19-09-49_BSFROC.png


まずは主催者様のお庭。前回と比べて傘が減っている感じでしょうか。
やはりこの庭は私には真似できそうもない理論が詰まっていますね…。
もっと精進せねば;;




どんどん行きます-。


2010-07-18_19-10-39_BSFROC.png


こちらもどうやら主催者様のお庭の模様です。神社風な配置になっているみたいですね。
しゃちほこなどの配置もすばらしいのですが、
やはり真ん中を大胆に開けて、人が集まれる、人が栄えるような配置になっているのは脱帽の域です。
もちろん桜の木だけで100Mぐらいしそうなところも脱帽の域です。
イルミネではない本物の桜が舞う様がとても綺麗ですね…(´-`)




2010-07-18_19-11-10(002)_BSFROC.png


申し遅れましたが、今回の庭博はどこぞのオフ会でバナナスパという名の温泉に浸かってきて心身ともに疲れが取れて心機一転したと見せかけてオフ会でバナナスパという名の地獄を味わいつつ終電を無かったことにされて疲れを引きずりつつ参戦した弄られ役、通称ながれ星さんとお庭を回っていました。
よって今回はほっしーねたが結構あります(

コメントにて斜線などをつかって強引にボケをするより、
掛け合ったSS乗っけた方が楽かなーなんて お見苦しくないだろうと思ったりしたもので。
予めご了承下さいな。

とりあえず、砂丘さんの読み置きによる1ほっしーゲットにまだ完敗中なんですλ............




1ほっしー_BFROC


庭主さんよりおみくじキャンディーを頂きました。
なんと、空気を読まずに大吉を引く某卵月のお方。ネタにもなりゃしない!

…と思ったら隣の某星氏が凶を引いたようです。なんというかさすが星氏と言ったところでしょうか。




ところで、伸ばし棒「ー」を変換するとブログ仕様に「―」だったり「-」だったりに変換されてしまい、
正直困っているところで次のお庭ですー。


2010-07-18_19-16-24_BSFROC.png


DETA!チェス庭!

粘土とスケッチ管理、ついでに倉庫に大ダメージのチェス駒を使った等身大チェス庭です。
見た目以上にこれつくるの大変なんですよね…;;

このお庭さんでは、枠をウッドテラッツアで区切ってますね。
外のテーブルなどと合わさって、簡易喫茶風にお茶をしながら優雅にチェス対戦を観戦…なども出来そうです。




2010-07-18_19-18-59(001)_BSFROC.png


誰かさんが 俺がキングだー!! とかいうものだからつい…。
はんせいはあんまりしていませn




続いてのお庭ですー。


2010-07-18_19-33-12_BSFROC.png


庭に入って開口一番に叫ぶほど。さすがライブ帆は格が違うスケール・インパクトです。




2010-07-18_19-33-54_BSFROC.png


ミラーボールや月の石がハート型になっているみたいですね。
家政婦ではなく、マネージャーは見た!など、地味にネタが含まれているのも良い感じです。




2010-07-18_19-34-40_BSFROC.png


ということで真似してみました(




ほっしーねたがものすごく落ちに便利すぎて内心嬉し泣きしているところで次のお庭です(


2010-07-18_19-42-57_BSFROC.png


銀杏、街灯、バラの柵。やはりここら辺は黒庭の雰囲気作りにとって鉄板ですね!




2010-07-18_19-43-15_BSFROC.png


始めて見ましたパンプキン帆。
というかパンプキンと名がついているんですから、当然これ食べられるんですよね!?


    _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´)




2ふんは


どこかのS100のお方に引き続き、四葉でも柵がねじ曲げられる事件が起こったようです(




2010-07-18_19-46-29_BSFROC.png


中はこんな感じ。真ん中に置かれた椅子が庭主さんの威厳を感じさせます。
尚、檻の中のリリさんはツッコミません。
ツッコむとしたらまさに拉致されたような形の子ココッコーですかn(




2010-07-18_19-45-46_BSFROC.png


裏側はこんな感じで、居住スペースになってました。
やはり緞帳は便利ですが、大きさがネックです。
このお庭では端を四角柱で塞いでいて、それが内装の雰囲気も形作っていますね。
やはり庭造りたるものは、発想の転換が重要ですなー。




海外旅行ならベネチアに行きたいなー。
と意味不明に呟いたところで次のお庭です。


2010-07-18_19-48-43_BSFROC.png


でました、水上コテージ!
さすが高額で取引されているだけあって、wander garde…まちがえた、water gardenとの相性はぴったりです。
なおウォーターガーデンを英語表記する理由は全くありません。

月の石が等間隔に並んでいて、それが非常にマッチしてますよね。
一寸もズレがないような感じで置かれていたのがとても印象に残ってます。
置くのはかなり苦労したでしょうに…。




2010-07-18_19-51-45_BSFROC.png


中を拝見。
この配置を見て おーーーーーーーーーーー!と思わず叫んだのは、私が元ネタを知っていたから。


実はこのお庭、「レデントーレ」という名前だったのですね。
この名前の元ネタと思われるものを実は知っておりまして。

ARIAという漫画に出てくるイベントの一つなのですが、
ネオ・ヴェネツィアの海に屋台船を浮かべて、お世話になった人々をそこに招待し、もてなすというものでした。
この配置を見ると、まさにそのレデントーレそっくりなわけなのですよね。

私の個人的な主な心の癒し方の一つが、夜中にアッサムティーを入れ、
リクライニングチェアを揺らしながら読むARIA な訳で、
そんなファンからしてみればこの庭は思わずにやけてしまいました。ええ。
もちろん家にアッサムティーとかいう高級そうな紅茶なんて無いわけですが。




さて、次のお庭です。


2010-07-18_19-55-30_BSFROC.png


ご無沙汰、マンドラニンジンのお庭です。
大丈夫、この庭を見てからマンドラニンジンを捨てたことはありませんよ!
そもそも農場に通ってないだけですけれども!


ところで、このお庭の庭主さんより「ブログ見てますよ!」と言われてきょどった私です。
そもそも「ブログ見てるよ!」とECOで言われたのは初めてでしたから仕方がないと言えばそうなのですが、
内心『うは、あんなアホな文章しか書いてないブログ見られてるのか!』と焦り、
脳内負荷150㌫になっていたわけですね。ええ。

ともかく、ECO内でもし出くわして声を掛けて下さっても、
wander gardenサインつきテレホンカードしか出せませんのでご了承下さい。
むしろテレカって今あるの?ってツッコミを期待しておりまs


甲羅9円で、僕と拍手!
すいません地域ネタでs




どんどんいきまっしょうー。


2010-07-18_20-19-24_BSFROC.png


でました、コードブルー庭。


    _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´)




じゃんじゃん行きますー。


2010-07-18_20-20-22(001)_BSFROC.png


一種類しか花壇を使ってないのに、見事な外の配置になっているお庭です。




2010-07-18_20-20-33_BSFROC.png


見て下さい、この曲線美。
美しく配置しようと思っても、こうシンプルかつエレガントに配置することはそうできません。

そもそも、家の配置は真ん中より少し奥に配置されますから、
前と後ろを均等になるように配置することは難しいのですよね。
故に何かしら工夫を凝らさなければいけないのですが、
この庭主さんは そんなのかんけいねぇ!(死語 よろしく、そのまま強引に花壇で2重曲線を描かれてます。
これも一つの答え、そしてセンスが光ると私は思うのですよね。故のこのエレガントさな訳ですし。




2010-07-18_20-21-02_BSFROC.png


中はこうなってました。
やはり注目すべきは絨毯、でしょうか。外と同じく等間隔に並んでいます。
唯闇雲に絨毯大を置くのもありですが、こういう技巧を凝らした絨毯の使い方もありだと思うのですよね。
後迷路の目隠しに闇雲に置くのもアリだと思うのですよね。




2010-07-18_20-21-28_BSFROC.png


やはり空間の仕切りは大事ですね。
紹介させて貰いましたが、やはりアジアンついたては万能でございますのう-。




と言うかこの部分に書くことが思いつかないー。
と嘆いたところで次のお庭です。


2010-07-18_20-21-59_BSFROC.png


外観はこんなお庭です。
というか庭作ってていつも思うのですが、柵無いと絶対危ないですよね庭って(
落ちたらただ事じゃすまないでしょうし、
外との間に何か一つ障害が無いとあんなところで寝泊まりしたくないですよ私(




2010-07-18_20-22-10_BSFROC.png


中を拝見。
絨毯での2Fもよいのですが、やはりリアル重視思考の私は丸太2Fをみるとほっとします(

丸太での2Fというものは置き場などを考えないと凄く圧迫感があったり、
内装自体見づらくなったりしてしまうもので、結構配置に苦労するものなのですが…
このお庭さんは狭すぎず広すぎず、ベストな丸太配置をされていますね。
さらに言えば、真ん中に一つ置いた四角柱。
少しイメージしてみると分かりますが、アレがあるとないとで部屋の印象が大違いです。
本数も多すぎず少なすぎず、それで部屋がより栄えても見える必要最低限の1本。
地味なようですが、これも匠の技なわけですな。




じゃんじゃんばりばり~。


2010-07-18_20-24-15_BSFROC.png


こちらもご無沙汰、外だけでなく中の配置も素敵なお庭さんですね。
設置数が300ぐらいあれば私もこういう配置に挑戦してみるのですが…ううむ。




どんどんぱふぱふー。


2010-07-18_20-33-01_BSFROC.png


こちらもご無沙汰です。銭湯なお庭。
ただこちらは前回雪の床だったのが、water garden(あえて英語表記)になってますね。




2010-07-18_20-34-21_BSFROC.png


脱衣所に忍び寄る水(違
どうやら絨毯を直に置くと水に濡れてしまうみたいです。

ですが、これを非とみるか是とみるかは人次第だと思うのですよね。
私はむしろこれはアリだと思います。
脱衣所から移動するさなか、波打ち際のようにチャプチャプと床を歩く。
なんか雰囲気でてると思いませんか?

ただまぁ、脱いだ服をぽろりと落とすと悲惨なことになるんですけれども。




べしべしぼこぼこー。


2010-07-18_20-41-51_BSFROC.png


これもご無沙汰、すすきと社なお庭。
やはりここもとても良い庭ですよね。なんといっても………




2010-07-18_20-42-24_BSFROC.png


巫女さんが素敵だもの!


    _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´)



2010-07-18_20-44-37(001)_BSFROC.png


ほっしーさんがいないとボケもなんだか貧弱な私でs




さて、一気にやろうと思ったんですがやはりSS数がかさむので、
いったんどこかで区切りを入れた方がよいかなー なんて思い始めたところで次のお庭です。


2010-07-18_21-07-32_BSFROC.png


こちらもご無沙汰、温泉宿なお庭です。
脱衣所や内装の仕切りなどはいつ見ても技あり一本ですね。




2010-07-18_21-09-18_BSFROC.png


2010-07-18_21-09-53_BSFROC.png


19日夜、wander garden管理人卯月遥さんが滞在中の温泉宿にて
水に対する恐怖心をなくす練習をしていたところ、
「助けねば!」と叫びながら何者かが故意に露天風呂に侵入し………



リザレクションをかけてくれようとした模様です。
他人のピンチにいち早く反応し、身を挺して助ける姿は人々の感動を誘いました。
皆さんも是非見習ってみて下さい。
まず間違いなく捕まりますが。




と言うことで今回は2部構成になります。
今回ラストはこちら。


2010-07-18_21-01-15_BSFROC.png


伝説の樹をうまくつかって、かなり良い感じに外装を仕上げておりますね。
看板やポストやウッドテラッツアなど、素朴かつ単純ではない絶妙な置き方がさすがといった感じです。

あ、ほっしーさんそこ右折禁止です(




2010-07-18_21-03-34_BSFROC.png


中を拝見。森の中の図書館といった感じでしょうか。
こういう長閑な図書館で

『ほっしーを弄る10の本』

とかをゆっくり読めたら素敵でしょうねー。




2010-07-18_21-04-58_BSFROC.png


あ、それ絶版になったみたいですよ(



3のじょうけん


そんな本があったらたぶん私が震え上がります(




と言うわけで今回はその1をお送り致しました。
その2に関しては………通例なら今から2ヶ月は掛かりますよ(ぇ


もしどうしても早めの更新をご希望されるのでしたら、是非探してみて下さい。
え?なにをって? もちろん『遥さんのブログ更新のための10の条件』ですが何か?


ッテオーイ┌(`Д´)ノ)゚∀゚ )




後編は間に記事を挟んでしまったので誘導しますね。
こちらへ飛んで下さいなー。


コメント

  1. Re: 第7回四葉庭博簡易レポその1

    庭博レポお疲れ様で~す
    毎回楽しみに読ませていただいてます、ニンジン並木の庭主です。(あとレデントーレもw)
    月の石はsin,cosそれぞれ0~90度まで10度ずつ増やした値に半径掛けて、
    家の中心座標分をずらすだけなんで実は結構簡単ですよ^^;

    ちなみに私が最初に知ったネタはARIAで合ってるんですが
    レデントーレ祭自体はヴェネツィアで毎年行われてる実在のお祭りですよ~
    で、その開催日が毎年7月の第3日曜だったんで、未完成ながら出展してみました^^;
    (ほら、今回の庭博って7月の第3日曜だったじゃないですかw)

    取り敢えず今度テレカ受け取りに行きますね~♪
    この間ながれ星さんに等身大ほっしー抱き枕戴いたばかりですがw(ぇ

  2. 置物の子

    星さんのレポで一緒に居る置物の子は、遥さんかなーと思ってたらやっぱりそうか~

    レポ頑張って下さいね!

  3. Re: 第7回四葉庭博簡易レポその1

    >四葉の人

    乙ありがとうございます-。
    まだ後編が残っておりますけれどもw

    …まさかこんなところでその悪魔の単語を聞くとは思いませんでした…
    実は私、sin cos tanという魔法を唱えられると消滅してしまうのですはい(
    まぁ、文系なだけなのですg

    私なんかはとにかく目視で家具を合わせるだけなのでものすごく精神力を削られるのですが、
    なるほど、確かに予め置くべき座標というものを出し尽くしてしまえば、
    置くのも楽になりますね…。まさに目から鱗ですw  でもsinとか唱えるのはつらいですg

    なるほど、7月の第3日曜に合わせた訳ですね…そこまでは気づきませんでした;;
    うーん、やっぱりこうしてみると行きたくなりますね、ベネチア!(゚Д゚)クワッ

    なぬ、等身大ほっしー人形なるものがあるのですか!
    それは是非欲しいです、たき火の練習に最適ではないですk

    尚、99カードはフリ鯖にしかございませんのでご了承下さい(

    >エルさん

    そう、私は置物だったのです。
    むしろガーゴイル系統だったのです。

    …あの置物入手するのに涙なしでは語れない資金集めの苦労があったのです…。

    後編も頑張りますね、2ヶ月後に!

コメントの投稿

スパム防止のため、httpと大手サービスのアドレスを禁止語句に指定しております。
(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。