--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットバトルロワイヤル簡易レポ

02:34


右を向いても左を向いても、話す話題はワールドカップ であります。

もちろん、興味のない方にとってはあまり馴染みの話題では無いのかも知れません。
ワールドカップを直訳すると、ワールドは世界、カップは湯飲み。
つまり世間で今騒がれているW杯と言うものは、世界湯飲み展覧会であるわけですから、
そりゃー湯飲みでひりひりするような熱いお茶を居間で飲みながら、
ばあさんごはんまだかいやーなどとつぶやくような年齢層だったり、
湯飲みに回転を加えながら投げつける『湯飲みマッスルアタック』などの必殺技を会得した猛者でない限り、
話題にはとんとついて行けないのかも知れません。
どうでもいいですが、湯飲みって日本だけですよねきっと。

ともあれ、あんな玉蹴って走って飛び跳ねて、
たまに頭でロングホーントレインやらハリケーンミキサーやらをする競技の一体どこが面白いんだと言う人でも、
先日のカメルーン戦の結果ぐらいはご存じのはず。
そう、まさに今日本は野球賭博だかなぞの失態などどうでもよく、
メディアを筆頭に、W杯初戦の勝利に酔いしれているわけであります。
もちろんこの後オランダに負けて一気にムードが冷めるわけでもあります。

ともかく、FIFAランク19位、フォワードの工藤とか江藤とか言う選手を筆頭に、
世界に匹敵する個人技で優勝を狙う亀ルーン、もちろん監督は石亀様というまさに強豪国相手に、
FIFAランク45位のサムライだかやきたてだかのジャパンが、勝利を収めた訳なのです。
そりゃぁ、ビンじゃない方の総理大臣も、思わず喜びのコメントを出してしまうようなものです。
前総理大臣が裸踊りありがとうとツイッターでつぶやいてしまうものです。
なお、FIFAランクほど当てにならないランキングもあまりないんじゃないかと個人的に思うのは内緒です。

かくいう私も日本の勝利を信じて疑わなかったわけで、
テレビに張り付いてずっとずっと声を枯らしながらスクリーンに向かって声援を送っていた訳なのですが…
訳なのですが…
訳なのですが…訳なのですが………

卯月遥:カメルーンが始まったらしい(´・ω・`)
    :サッカー興味ないのでなける(´・ω・`)
    :右に同じく
    :ナカーマ
    :かるめーん
    :うちも興味0だなぁ…
卯月遥:どうせ負けだろうしいいや…
    :今回は時に興味ない・・・w
    :むしろ
    :リアル北斗世界のほうが気になる
卯月遥:R茶に変な空気が流れた!話題振ってごめんなさい!
卯月遥:ああ、治安最悪の…w



…い、一体何の話なのやら(滝汗


ともあれ、個人的な見立てでは前回の記事にも書いたように予選敗退が関の山だろうと思っている私ですので、
1戦勝とうが何しようが敗退したら意味がないよねー、と
極めて斜に構えたものの見方をしていたりするのは内緒です。
むしろ日本が初戦突破したら、ツンデレ口調で記事を書いて差し上げましょう、と無駄な賭けをしてみるテスト。
だって次はあのオランダですよ?普通に優勝してもおかしくない国ですよ?勝てるわけがないんですってホント。
でも勝って欲しいなー、ツンデレ口調で1回分記事のネタが出来るからーらーらーr




さて、先日『ペットバトルロワイヤル』なるものが攻防戦後に開催されておりました。
怪盗バトルロ○イヤルでは御座いません。「今日は皆さんに殺し合いをして貰います」でもありません。
でも趣旨は似てまs  いえごめんなさい(´・ω・`)

で、ですね。
今回も私は動画を回していた訳なのですが、ヘビー級のみ動画が撮られておりませんでした。
ほんっと、どこかしら動画が抜けてる私です。むしろ頭のネジが一本抜けて、ぽろりと落ちて、
それを間違えて足に挿されてボキンと壊れた挙げ句、またサッカーボールを輸送するハメになる私です。
話の落ちが思いつかなくて涙がちょちょ切れる私です。

なので、今回も完璧なレポートはどうやら書けそうにありません。



ところで、ワールドカップに限らない話なんですが、
よく試合中継でハイライトシーンなるものが合間合間で流されますよね。



 や っ て み た い 。




さて、それではここでもう一度、ペットバトルロワイヤルのハイライトシーンをご覧頂きましょう。


1ながれ_BFROC


まずはフェザー級からこのシーン。
参加者が少なかったため急遽司会者のながれさんがブタで参戦したわけですが、
開始数秒でころりとお亡くなりになったシーンです(゚д゚)

まさに神風特攻隊。攻防戦で言うならマオアー。絆イベで言うならエメラルド。
そしてこの後スタッフがおいしく頂いたそうです。 <(A`) ムチャシヤガッテ




2落ちる_BFROC


フェザー級後半最後の一騎打ち。
芋虫が明らかに芋虫じゃないような動きで、エリアルコンボを決めておりました。
どうでもいいですが、背中の荷物、完全に落ちてるはずなんですが…




3ゴゴゴ_BFROC


続いて、ネコマタ部門改め、ライト級。
私はチェスイベント時に某緑色の方にそそのかされて、最終兵器(後述)の白で参入。
悪く言えばただの身の程知らず。

ちなみに名前は白雲であります。「しらくも」でも「はくうん」でもなく、「しろうん○」の略であります。
wander gardenでは基本下ネタや不適切と思われるネタに関しては予めフィルターが張られておりますので、
未成年かつ健全なお子様でも安心して閲覧が出来ます。このブログを見ている時点で不健全ですが。
尚、鉱石の中に白雲母というものが御座いますので、誤解された方は画面の前で赤面して下さい。
母っぽいよね!と思ってつけた方は後ほど白からゴゴゴされます。
魔剣からでるよね!と思った方は、お友達になれそうな気がしますので後で個別に連絡を下さい。嘘です。
そして、至極どうでもいいんですが読み方は「しらくも」「はくうん」どちらでもかまいません。
本当に至極どうでもよいね!と思った方は、お友達になれそうな気がしますので後で校舎裏にご足労願います。

閑話休題。このハイライトシーンはライト級開始直後のどこかのネコマタの様子です。
まさか本当にゴゴゴをするあほな輩なんていないよねーなんていう雰囲気を見事にぶちこわす開幕スキルです。
でも誰も気づいてくれなかったという悲しい現実がそこにはあります。
尚、ゴゴゴ中の白を容赦なく襲ったのは某杏の人の日向君でした。




4けっていてき_BFROC


決定的瞬間です。まさに動画を回していたからこそ激写できた決定的瞬間です。
見事にライト級の試合において自らネコを殴りにいった、そんな犯行の瞬間です。
正々堂々とした戦いの場を、まさに土足で踏みにじるような行為であります。
こんなふてぶてしい不正行為を行った輩は、一体どんな人なのでしょうか。

あ、私か。

正直中の人、かなり気が動転しててまして…
ついうっかりゴーをせずに情報ウィンドウクリックしちゃったんです…
出場者の皆さん、本当に申し訳御座いませんでした。

でも、動画見返してみたらMISSだったみたいですけれどもね!さすがSU(ry




5わらわら_BFROC


そして再試合・ライト級。
思った以上に真ん中でごちゃごちゃすることは無かったですね。
2つか3つの団体に分かれて組んずほぐれつといった感じでした。
それでも狙ったネコにゴーをするのは至難の業だったわけですけれども。

後々見返してみると、全く動かしていなかった人もいましたね…。
全く思いつきもしませんでした。ううむ、作戦って凄いなぁ…。




6MISS_BFROC


コレがネコマタの真骨頂。あふれ出るMISSの文字。あふれ出る煮汁。
そして故意でないのにスキマ無くネコが敷き詰められ、
どのネコがどのネコを攻撃しているのか全く分からない状況。これぞカオス。




7おすわり_BFROC


だんだん数が絞られてきた、と言うことは、それだけ周りが歴戦の猛者であると言うことなのですが、
その中で悠長にお座りをしながらスキル説明ウィンドウを読み始めている意味不明なシーン。
実はよく見れば分かりますが、SPないんです。DCかけ過ぎたんです。計画性のなさが否応なく露呈されているんです。
むしろ先日ようやくLv30になったにわかブリーダーのツケが遺憾なく出ております。
ペットDCって地味にSP36も使うんですね…。いつもはホーリーフェザーだから気にしてませんでしたよええ。

そして、SS左上の某トラの人のHPが真っ黒という事実は結構把握してました。
でも把握していながら、ダイレクトアタックはすんでの所で自重しました。
とっても偉かったと思うので、後で鳥かごランプくだs…
まぁ、中の人必死でそこまで考えられなかったんですけれども。




8もさ_BFROC


ライト級・サドンデス開始直後のシーン。
5分経過時点で一度仕切り直し、以降1発でも攻撃が当たった時点で『山崎、アウトー』というルールです。

残ったネコは7匹。かなり猛者っぽいオーラがひしひしと伝わってきます。
むしろ何でうちの白雲がこの中に入っていたのか不思議です。

サドンデスモードの場合、必中攻撃である魔法攻撃が非常に有効で、
それ故に黒や空が有利であるという下馬評があったのですが、
むしろ私は「実は白も魔法攻撃というか範囲魔法が出来るし、ライト級の最終兵器なのではないか!」と
甘い期待を寄せていた面があったことは否めません。 が、ここで衝撃的な事実が発覚しました。
ラウドソング、歴戦のネコたちに全く当たりませんでしたヽ(゚∀゚)ノ

ナンデ━(*´・д・)━ッ!!! と叫びながら、敢えなく白はお亡くなりになりましたとさ。めでたしめでたし。




9ほのぼ_BFROC


続いて、ミドル級からハイライトシーンです。
別名食品部門。一つも残さず食すことが出来ます。

しかしまぁ、全て食品だからでしょうか、
死闘を繰り広げているのにどこかほのぼのとした雰囲気が漂ってくるのは気のせいでしょうか。キノセイでした。




10よける_BFROC


個人的に一番印象に残ったシーン。
飛天にHPぎりぎりまで削られた曹長が、決死の思いでアクロバットし難を逃れます。
が、今度はHP薄しと551に狙われているシーン。

蚊帳の外で一騎打ちをしているペガサスに向かってゴー、そして近づいたら戻れ。
そうやって攻撃が出来ない曹長を行き来させることで、攻撃を受ける回数を最小限に抑えていました。
結局アクロ解除まで粘れていたのが驚きでしたね。最後は飛天に狩られましたが…。




11たえる_BFROC


551と飛天の一騎打ち。ダメージソース的に飛天の方が圧倒的有利で、
プラントヒールで回復は出来るもののじり貧であった551なんですが、
毒が決まればどうなるかわからない、という手に汗握るシーンでした。
終了間際にSP切れで551がやられてしまうのですが、見ていて楽しかったですねー。

ところで、馬って大根食べるのかな?




12とぶ_BFROC


そしてヘビー級です。前述の通り動画が撮れていなかったのであまりハイライトのシーンが撮れず、1シーンのみ。
跳ぶモモンガ、跳ねるモモンガをご覧下さい。 ええ、それだけです(マテ

乱戦を生き残ったガトが、他をスナイプする様を是非ハイライトとして取り上げたかったですのう…。




13かおす_BFROC


さて、ラスト・無差別級のハイライトシーンはこちらから。
どう見てもカオスです。本当にお疲れ様でした。
もちろん、SSに収まりきっていない上部では、もう1つ軍団がわらわらしております。
どう見てもカオスです。本当にお疲れ様でした。本当にジャッジお疲れ様でした。

ちなみに、私のペットは先日紹介したリズリアです。
白雲は正直勝ちに行く上での最終兵器でしたので、
無差別級で勝てるとも思えませんし趣味の範囲で…ということです。ポニテいいよね、ポニテ。
wander gardenでは愛され、マネージャーの紹介状、及びハロウィン、真冬の紹介状を地味に募集しております。
でもお金がないです。




14あがる_BFROC


団になって組んずほぐれつ戦闘している中、遠くから狙撃する半ば卑怯そうなリズリアの図。
しかもそれで成長するとか…ぽけもんかぁどよろしく『わるいリズリア』とかにならないで貰いたいものです。
もちろん、その卑怯な指示は私がしている訳なんですけれども。
R団のハルカとは私のことだ!…え?今はアクア団?なんですかそれ?

ちなみに、「上がったぞー!」や「さぁ、行こうリズリア…」とOPで叫んでいましたが、
正直言ってアレは全部R茶の誤爆でした。
OPで叫ぶキチガイでは御座いませんので誤解なさらないように、切にお願い申し上げます。
でもブログ見ればキチガイなのは一目瞭然であります。




15しにぎわのあがり_BFROC


いろいろ粘るんですが、モモンガのルナに目をつけられて集中攻撃を受けるリズリア。
まさに死が見えたその時、走馬燈のように成長するシーンです。
うむ、この悔しさを目にたたきつけて、いつか返り討ちにしてやろうぞリズ。
もちろん、モモンガに勝てるとは到底思えないですけれども。
むしろ次出場するときは空かなと思っていたりするわけですけれども。

にしても、ダメ元で出場していた割には、
白はサドンデスまで生き残り、アメジストは無差別級最後の5匹まで生きながらえていましたね。
当然本来の実力差ではこんなことはあり得ないのでしょうが…
コレがバトルロワイヤルという試合形式の怖さであり、おもしろさでもありますなー。




16ごー_BFROC


何故私が司会者のポジションにいるのか。
何故私がゴー!などと叫んでいるのか。
何故横にスキルウィンドウが出ているのか。
それを語るには、30年前のあの事件にさかのぼらなければならない…。
…もちろん、この物語はフィクションです。

表彰式も無事終了したところで、突如として持ちかけられたエクストラマッチ。
簡単に言えば、各部門の覇者+司会者さん2人のメインペットの7匹で、
もう一度ペットバトルロワイヤルをしようではないか!と言う企画です。

で、当然司会者さん2人とも戦闘準備に入るわけで、
それでは試合開始の合図は誰がするの?と言う話で御座いまして、
会場に亀の構えを持っている人が誰もおらず、それならばと手を上げたのが私であった、と言うことですね。
ちなみに、現地にてその場で亀の構えを覚えたなんて口が裂けても言えません。茶室で叫んでましたが言えません。
いそいでccしてttrbのスキルポイントが余っているかどうか確認するまでがとても長かったです(´・ω・`)

さて、そんなわけで不詳この私が開始の合図をさせていただくことになったわけですが、
効果は知っていたものの、当然私は亀の構えを使ったこともなく…。
スキルを使用したら、あまり詠唱もなく即亀の構えが出るものだと思っていたんです。
なのでそのつもりで『レディー ゴー!』と叫んだんですが…





………詠唱、非常に遅い!


もうびっくりするくらい遅い!! というのがSSでのシーンです。
ttrbはブレマスの武器憑依用にS>V極でしたので必然的に詠唱は遅くなるんですけれども、
それにしたって遅かった…。うまくタイミングがとれなかった人がいたら申し訳なかったです(´・ω・`)

ちなみに、左手の腕時計をじーっと見ながら開始タイミングの合図をはかる姿は、
地味に司会者っぽかったと思うのは恐らく自画自賛のたぐいかと思われます。




17かくさんいっき_BFROC


例に漏れず、ほぼ2つの塊に分かれたエキストラマッチ。
右側では飛天とすっぴーによるペガサス一騎打ちが行われています。
その傍ら左側では、射石砲が拡散射撃で( ゚д゚)ポカーンとなるようなダメを出しています。
とっても見所が満載、さすがエキストラマッチであります。
そしてそれを司会者席で見物できる私は、特別なキャンディーとおじいさんが私の孫なのだと感じました。




18おしまい_BFROC


そしてラストの一騎打ち。
本当に僅差で飛天が射石砲を打ち破り、見事勝利を収めました。
…大事なことなのでもう一度言いますが、
それを司会者席で見物できる私は、とても特別な私の孫がキャンディーをおじいさんな存在なのだと感じました。




なんだかハイライトシーンをご覧頂きましょう。と導入しておきながら、
TVの解説とはほど遠いことをくっちゃべっていたような気もしますが、
とりあえず私的ハイライトシーンをちょこちょことあげてみました。
もちろん、ハイライトなシーンだけを紹介して頂きましたので、
優勝したペット等などはご紹介していません。解説の内容から把握できるものも御座いますが。
優勝ペット等を知りたい方は、お手数ですが他所に上がっているしっかりとしたレポをご覧下さいな。



ともあれ、未転生カンストペットでもソコソコペット大会で勝ち上がれる、と言うことが把握できましたので、
これからもペット大会が開催されるのであれば、都合がよければ参加してしまうかも知れません。
参加しないのかも知れません。



ともかく、ペットも庭も同じで、時間を掛けただけ返ってくるものだなぁ、と再確認した梅雨の夜でありました。
当日はまだ梅雨入りしてなかったんですが。




そろそろ、いろいろなジャンルのネタにも手をつけていきたいところ…。



コメント

  1. Re: ペットバトルロワイヤル簡易レポ

    転生回数が少ないことに定評のあるうちの子たちも元気に頑張っております。
    とりあえずカンストさせると満足しちゃうんですよね! かわいい!

    かわいいと言えば、曹長の逃げ惑う姿が非常に可愛かったです。
    あれはやばいよ。やばい。

  2. も「藍のほうじ茶マッスルアタック!」

    卯「あぶなっ!」

    パキン

    ドブシュッ!

    も「はやおぉぉぉ!!」

    卯「ゆ…湯のみが刺さった…」

    も「もう許さん…まぢで許さんファンタ…」

    卯「え~今のは紅葉さんの自業自爆でしょ~」

    も「黙れ!私のスキルににたとえこの身が滅びてもなんてスキルは無いんだ!!」

    卯「そりゃF系ですからねぇぇ!!」

    も「食らいやがれ!超必殺…ECOくじ文化アタックゥゥ!」

    卯「暴れないで下さいよこんな人のブログのコメント欄でぇぇ!!」

    も「あ、避けられた…背中痛ぁぁぁ!!」

    ry

  3. 眠いので一言だけ・・・

    ライト級…ルビーはネコマタじゃない~

    ネコ6匹、オートマタ1体と数えるのが私のじゃすてす~

  4. Re: ペットバトルロワイヤル簡易レポ

    レポおつかれさまでーす。
    思ったより早かった(ぁ

    ペット大会は、どうしても転生回数がものを言いますからね~。
    まぁそこまで頑張ったんだから当然と言えばそうなんですが、
    育成度合いに関係なく自分の自慢の子を連れて来て欲しいものです!

    そう考えてたらぺっとこんてすとが生まれたんですけどねw

  5. Re: ペットバトルロワイヤル簡易レポ

    ええ真っ黒でしたともっ!
    ダイレクトアタックで倒されたところで多分スタッフに蘇生されるだけだとおもいます(
    「鳥篭ランプ?ほしけりゃくれてやるよ、1個600kでなっ」ってトラが言ってました

    あと湯のみマッスルアタックはどうみても自爆技

  6. Re: ペットバトルロワイヤル簡易レポ

    >恐竜さん

    リズは1転してたんですけれども、イベント直前に転生した為に
    攻撃速度とHPがカンストしてませんでした…故の成長だった訳なのですけれども。
    というかHPをカンストさせちゃうと転生させる気が起きなくなりますよね!かわいい!

    曹長の逃げ惑う姿は確かにかわいらしかったです。それは否めない!
    けどその指示を出していた恐竜さんもかわいk…アレ?

    >エルさん

    私はオートマタもネコマタも総じてネコって言っちゃう気があります。
    なぜならめんどくさいかr ネコっぽいじゃない!ねぇっ!!
    でも正確にはオートマタですな、略せばオマ(検閲削除

    >ほっしーさん

    ありがとうございますー。
    こちらとしては思ったより遅かった印象なのは激しく内緒です(´・ω・`)

    なるほど、転生の差を無くす為にぺとこんが生まれたわけですね…。
    それでも『某30転生男の娘』が強かったあたり、
    見えないところでステータスは出るものなのかも知れませんけれども!

    え?ぺとこん?ほっしーつれて参加してもよいですか(´・ω・`)

    >不運男を1撃で粉砕したトラさん

    無差別級で倒されてしまった方のネコを必死に叩いていたのは私です、私です。
    悪気はあったような無かったような。
    鳥かごランプ…ぬ、ぬう、欲しいなぁ(死
    いやまぁ黒庭着手はかなり後なのでぼちぼち集められればよいんですけれども。

    ロボの自爆より高度な技で御座いますね!(ぁ

  7. >紅葉さん

    卯:じ、地震?

    も:あ、やばい今の衝撃で飛空庭が崩れそうだ

    卯:崩れそうなのー!?

    も:実はこの飛空庭急いで適当に作ったから土台とか結構ぼこぼこなんだよ

    卯:ぼこぼこなの!?

    も:チクショー!こんなことならファンタなんかに伝説のリアルマネー技使わなきゃよかったー!

    卯:それより紅葉さん、はやく空に逃げ


    ぐしゃっ


    も:私は諦めないぞ、ふぁんた

    も:頑張ってコウモリ傘、当ててみるよ

    (注:第7弾は既に終了しました)

コメントの投稿

スパム防止のため、httpと大手サービスのアドレスを禁止語句に指定しております。
(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。