--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書け大富豪】優柔不断とはこういうことなのです。【罰ゲーム記事】

18:41


ヴォン ガィィン ダァンダァン ズシャァッ 


――白い煙が地面を這う。
その煙を払うかのように、ジャリッ と、足だけが微かに動かされる。

まるで、心音と呼吸音が全てを支配してしまったかのような空間。
そんな空間の中で、人間が2人、まるで時が止まったかのように対峙していた。

片方が生唾を飲み込めば、もう片方はほほを垂れる汗を顔を動かさずに拭う。
だらりと下ろされた槍がきつく握り直される。
銃口を下に向けたランチャーが、カチャリと音を立てる。


不意に口角を上げた槍使い。
突如スローモーションになったかのように、そのままゆっくりと重力に逆らわずに前に倒れ始め――




――駆け出す。

風切り音。服の飾りが生き物のように靡く。
切っ先を斜め後ろに向けたまま、まるで猛獣のように眼前の敵へ一気に詰め寄る。
槍使いが猛獣ならば、銃使いはさしずめハンターと言ったところだろうか。
対峙する銃使いは油断なく銃を構え、牽制とばかりに銃弾の壁を作り出す。
その壁を、まるで未来を見てきたかのように槍使いが躱してゆく。
左、右、屈んで右。走りを止めることなく、さらに距離を詰めてゆく。

ダァンという大きな音と共に、左足を大きく叩きつけた槍使い。
そのまま空中を舞うかのように、一気に銃使いへと肉薄。
抱えた槍が少々の溜めを経て、弧を描く。
同時に銃使いも、ふわりと後方へ飛び下がる。
回避行動、そして威力軽減。そういった意味合いのバックステップ。

ガィィン!!

衝撃が走る。火花が散る。
重い重い風切り音と共に繰り出される渾身の一撃を、両手で抱えた銃芯で弾く。
しかし、その威力を殺しきれない。

 「くぅっ!!」

ズシャァッ
何とかバランスを保ち、着地する。
が、そこへ繰り出される第二撃。
遠心力を利用し、左下から弧を描くように振り下ろされた切っ先を、全身のバネを使って左へ飛び避ける。

 「はぁっ!!」

飛び跳ねた勢いを、地に着いた左手を中心にまるでロンダートのように半円を描き、殺す。
と同時に、逆さまとなった状態のまま、かけ声と共に放たれる3発の銃声。
回避と攻撃を同時に行われ、たまらず槍使いは舌打ちをしながら回避に専念する。


十分距離が取れたのを確認し、銃使いがフゥッと息を吐き出す。
ピンクのスカートの揺れが収まり、何度目かの薄氷の均衡が、また訪れる。









 「――もう」

静寂を引き裂いて、ぽつりと呟かれた声。

 「もう、やめにするごん」

ランチャーがまた、カチャリと音を立てて下ろされる。
ピンク色のアルカナドレスが、布擦れ音を立てる。

 「こんな争いをしていても、百害あって一利なしだごん」
 「それは違うぽー!!」

怒号を発しながら、手に持った槍を地面へ叩きつける。
ガィンと音が鳴る。

 「害を成そうとしているのはそっちだぽー。何も考えずに事を進めて、困るのはこっちだぽー!」
 「何も考えていないわけがないですごん」

努めて冷静に、銃使いが言い放つ。
顔に付けられた黄土色の仮面の奥で、凜とした瞳がきらめく。

 「機を逸しては意味がないですごん。今手に入れずして、いつ手に入れるというのですごん」
 「今の!!」

前のめりになってくってかかる、パイナップルスーツを身に纏う少女。

ぱいなぽう

手にした槍『パイナ棒』が怒りで震える。

 「今のお財布の状況を、分かっているのかぽー!!」
 「……」

押し黙る、たぬき耳に土偶のような仮面を付けた少女。

たまごせいじん

愛用のランチャー『たま号』の引き金に、ぎゅっと手を掛ける。

 「今のお財布の中身、100M切ってるんだぽー!無駄遣いなんて、もってのほかなんだぽー!!」
 「でも、それでも今の機会を逃したら」
 「機会なんていくらでもあるぽー!!
 「あなたたちだって!!」

それまで押し黙っていた仮面の少女が、きっと言い返す。

 「いつもいつも節制節制!それだから新クジ実装時に安いものを見つけたとき、他の人に買われるんだごん!!」
 「石橋は叩いて渡るのが常識だぽー!」
 「はっ、あなたたちのように脳みそまで筋肉のフルーツ星人さんが叩いたら、例え石橋とて壊れてしまうごん!」

パイナ棒が、カタカタと震え出す。

 「……い、言うに事欠いてこのぱいなぽーだけでなく、
  我がフルーツ星人をも侮辱するか!タマゴ星人たまごん!!」
 「当然ですごん。そもそも何ですか、そのセンスのかけらもないパイナップルスーツは。
  特にみっともないおでこが見えてしまうのがとってもナンセンスだごん」
 「おまえらこそ、『うづきーど仮面』とかいう、意味の分からない仮面が死ぬほどダサいんだぽー!!」
 「な、なななななんですってごん……」

今度はたま号が怒りで震える。

 「もう許せないごん!!言うに事欠いて意味の分からないとは聞いて呆れましたごん!!
  ともかく、あなた方に許しを請わずとも、
  貴重な卵騎乗ペットである『ハンプティ・ダンプティ』は購入させて貰いますごん!!
 「許さないんだぽー!お財布の中身が100M切っているのに、
  そんな高額ペット買わせるわけにはいかないんだぽー!!



たいけつ


――白き空間で、また閃光が交差する。





















Aさん「で、ハンプティダンプティどうするの?」

卯月遥「あ、脳内での会議の結果、喜んで買わせて頂くことにしました!







はんぷてぃ







はんだん








前半無駄に本気、後半ハイパーやっつけ。
読みづらい文章で申し訳ございません。卯月遥でございます。

さて、こちらの記事で書かせて頂きました、私が主宰を務めましたイベント「書け大富豪大会」。
そちらで私に出されましたお題が、

「タマゴ星人たまごんと
フルーツ星人ぱいなぽーとの熾烈な争いを小説並みで」


というものでしたので、上にて書かせて頂いた次第です。



……えー、うん。

慣れないことはやるもんじゃないなと、
心を新たにする次第でございました。


まずフルーツ星人ぱいなぽーは、まだ分かるんですよ。ぱいなぽースーツって言う明確なイメージがあるので。
でも武器どうしようってなりまして、結局ルンファク4から「パイナ棒」を拝借という(

で、もっと辛かったのがタマゴ星人たまごんでして、
たまごんってつまり私じゃん!星人てついて別人だけど私じゃん!どうするの!みたいな……。
というわけで結局、未だ1回しか出てきてないうづきーど仮面を、
そのまま持ってくると言う意味の分からない事になりました(
武器に関しても、金の卵……?いやリーチないし、でも投影でも微妙だしなあ……となり、
結局「卵が弾になるランチャー」みたいなものになってしまったという。

あ、ちなみにハンプティダンプティは実際に購入したわけでなく、
やったまごんが廃れるまで貸して貰ってるという、これまたよく分からない状態だったりします(
なんですかねこのSS、よく分からないものだらけですね(


いやはや、大っ変、お粗末様でした……w



尚、こちらで改めて書かせて頂きますが、
罰ゲームのお題が出されたブログ様は当ブログの他に3つございます。

既に更新されたブログ様は、

たびたび、ゆらり様 1記事目 2記事目
しっぽのまりょく様

です。

また、Kiyopyと巡るECOの世界様に関しては、中の人の体調不良や、他のイベントの手助け等で、
執筆が送れるというご連絡が入っておりますので、今しばらくお待ち頂ければなと思っております。



とまあ、とんでもない記事を書いてしまいましたが、改めて。
参加なされたブロガーの皆様、本当に楽しい時間、そしてお題をありがとうございました。

また第2回に関しては、10月頭を目安に調整をしているところでございます。
第1回はプレ開催といったスタンスでもありましたので、告知がツイッターのみのこじんまりとしたものでしたが、
第2回はこちらのブログでも宣伝させて頂こうと思っております。
是非とも続報をお待ち頂ければと思います……!



追記:書こうと思って書くの忘れてました!
明日は四葉庭コンです!
明後日はフリでキミガタリです!
お暇な方是非足をお運び下さればと思います!




コメント

  1. 卵焼きにパイナポー入れたら
    甘酸っぱくておいしそうかなーって
    ・・・関係ないほうに脳内会議が♪
    やったまごん!

  2. >鴨太郎さん

    その脳内会議は血で血を争う感じじゃなく、むしろ試食会とか和気藹々と開いてそうでいいですね!
    こちらにも分けて下さい!(?

    かもっこーさんにも、開催当日WISを試みたんですが……あいにくタイミングが悪かったようでして;
    第2回も開催予定ですので、気が向いたようなら是非ご参加下さればと思いますヾ(*╹◡╹)ノ゙
    やったまごん!

コメントの投稿

スパム防止のため、httpと大手サービスのアドレスを禁止語句に指定しております。
(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。