--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭博&フリマレポ 通常版 その2

18:08



えー、すいません、またちょっと更新が開いてしまいました。
最近めっきり暑くてちょっと体調を崩しておりまして……。
それでなくともまあリアルでいろいろあるんですが、まあ置いときましょう。



本題に入る前に何点か告知をさせてくださいな!


まずはリンクの追加です。
フリージアサーバーで活動中のたびたび、ゆらりさんを追加させていただきましたー!

いやあ先週、強化後初めての攻防戦に参加したのですが、
今までと同じような感覚で行ったらもうチャンプにぼこぼこにされましてですね。
で、その際に蘇生を頂きまくってしまって、
なんだかいたたまれない気持ちになったので終了後不躾にWISを送ってしまって、
さらにその時のノリと勢いで相互リンクまで要請してしまったという、
なんかもう今冷静になって考えてみるとホント申し訳なさでいっぱいな経緯があったのですが、

それはともかく、この「たびたび、ゆらり」さんは、
私その名の通りたびたび見させてもらっておりまして(洒落
なんかもう一言で表せない独特の心地よい痛快感といいますか、
とかく記事自体が面白いブログさんなのですよねー。

サクサク読めてしまいますし、
この書き方ぜひとも長々としゃべるだけしか能のないどこぞのブログも
真似すべきじゃないかと思ってしまう次第でございます。
はいすいません生きててすいません。


というのを書いていたところ、先週という記述が実は先々週になってました_(:3」∠)_




もう一点。

現在絶賛開催中のなんでもECOザ・ワールドにて、庭イベントが開催されるようです。


なんでもECOザ・ワールド 庭発表会


開催地:
なんでもECOザ・ワールド アップタウン北側の階段
開催日:
8月17日
時間:
22:00~任意の時間まで(展示登録受付終了は23:30まで)


非コンテストの、いわゆる庭博形式のイベントのようですね。
普段使えない高額な家具を惜しみなく使うことができる
なんでもECOならではのお庭さんが多数見られることでしょう!

また使える家具という前提条件が皆さん均等にそろっておりますので、
純粋に庭造りを楽しむ気持ちを味わうこともできそうです。
お暇な方は是非とも足を運んでみてはいかがでしょうか。

そして、普段庭イベントに参加されない方でも、
ひと夏の思い出、リセットされてしまうデータです。
しっちゃかめっちゃかなお庭を造っても誰も咎める人はいませんよ!
いやまあ本鯖でしっちゃかめっちゃかなお庭を造っても誰も咎める人はいないのですが、
今まで庭造りはちょっと……と敬遠していた方も、
是非一度庭を出す側で参加なされてみてはいかがでしょうか!
もちろん、私も参戦いたしますよー!!






といっても、やっぱり庭のイメージがわかない!
どんな庭を造っていいのかわからない!匠の方々のお庭と比べられるのは辛い!
そういった方いらっしゃると思います。

いいえ違うのです、庭造りとは思った以上に敷居が低いものなのです。
なぜなら、庭造りは「庭造りを楽しむ心さえ持っていれば、誰でも素敵なお庭が作れてしまう」ものだからです。

今回はそんな「庭造りって楽しいよ!」ということも


イベントニュース


庭博&フリマレポ通常版 その2にて、訴えていきたいと思っておりますよ!


ということで大変長らくお待たせいたしました。
庭博&フリマレポ完結記事でございます!

なお、前回の記事はこちらでございます。






ちなみに余談ですが、庭博が開催されて少し経った後に、フリマのほうも開催されておりました。


2013-05-04_22-26-49_BFROUC.png

2013-05-04_22-27-52_BFROUC.png



うーん盛況でした。
是非ふりサバでもこれくらい盛り上がるフリマを開催してほしいところですね……!






さてやっていきましょう。後半最初のお庭さんはこちらでございます。




2013-05-04_22-01-54_BFROUC.png



シモツキハウスがこちらも映える外装のお庭さんです。
なにやらタイトルが「ありもので造りました」等と書かれてあったのですが、
中々どうして素敵な見栄えではありませんか!

…………ところで、椋鳥の隣が通れるかと思ったら通れませんでした。
椋鳥ってアタリ判定変なところに付いてるんです……n……




2013-05-04_22-02-02_BFROUC.png



……あれ、反対側も通れない?

こ、これは、このお庭はまさか……!








2013-05-04_22-02-24_BFROUC.png



ええ、実は外装が迷路仕様でした!




2013-05-04_22-00-34_BFROUC.png



うーんしかし素晴らしい見栄えです。迷路風でありつつもこの見た目。
ただでさえ設置する箇所というのが迷路を前提とすると固定されがちでして、
中々見栄えとの両立が難しい物ではあるのですが、
放射線状に並べられた6種の花壇、サークルガーデン、
そしてウッドテラッツアには反対側から見ても寂しくないように
別途大きなタイル花壇でフォローされているという緻密さ。

何せ、ぱっと見ただけで華やかで緑豊かですよね。
なのに迷路仕様でもあるというこの複合的要素がとても素晴らしすぎだと思うのです。
ホント、これで「ありもので造りました」なんですからねえ……。


もうあれですね。

庭造り楽しい!

ですね(脈略もなく叫ぶ




2013-05-04_22-00-38_BFROUC.png



いくら素晴らしいお庭を造ったとしても、
結局一瞬で家の中に入られてしまっては悲しきことこの上ないですよね。

もちろん見て眺めて楽しむ庭園もありますし、それはそれで素敵な物ではありますが、
歩いて眺められる庭園というのは、やはり眺めるのとは違った良さ、そして楽しみ方があると思うのです。
そして後者の場合、多少迂回を強制してでも「歩く」行為を強いることは一つの手ではあるのですが、
その際やはり迂回させることをイヤミに思わせない技法が必要になると思うのです。
でなければ、家具を通り抜けされて終わってしまいますしね。

さり気ない誘導や、思わず「歩いて回ってみたいな」と思わせる配置など。
そういった回る側にも配慮した配置がなされているからこそ、
回る側も楽しめる「歩いて楽しむ庭」が出来上がると思うのです。
私はこのお庭さんには、そんな歩く側にも配慮された『心意気』みたいな物を感じましたね。



そんなお庭さんですが。
家の中はというと。






2013-05-04_22-03-16_BFROUC.png



あ、なるほど。
ありもので造られたんですね(素






続いてのお庭さんですー。



















2013-05-04_22-20-48_BFROUC.png



どん。

ええ、もう一目見ただけでわかる人にはわかるのではないでしょうか。
某落ちものゲーをオマージュしたお庭さんでございます。
ちなみによくわからない方はこちらをご参照の上どうぞ。ばよえーん!


実はこのお庭は、私事前に見ていたのですよね。
というのも、ちょっと庭主さんがツイッターにSSを上げられていて、それを拝見しただけなのですけれども、
もうほんと、ツイッターでこのSSを見た瞬間に確信しました。

あ、神庭だ、と。

そんなわけで、実は庭博フリマイベは
このお庭を見るのを実は楽しみにしていたという裏話があったのですが、
やはり実物を見て確信しました。

あ、神庭だ、と。




2013-05-04_22-22-07_BFROUC.png



なぜなら、このお庭さんはただ単に再現したわけではなくて、
ものすごく精巧に元のゲームを再現しているからです。

落ちものゲーなのですが、ただ単に画面内にぷよがあるという表現だけでなく、
今現在も操作しているその空中に浮いているぷよ、この表現です。
次に落ちてくるぷよがわかる、そのシステムの表現です。
プレイ中のプレイヤーの立ち絵が画面裏に表示される、そのシステムの表現です。
相手におじゃまぷよを降らせる、その予告のシステムの表現です。

もう、何から何まで表現しつくしていらっしゃるわけなのです。
だからこそこの完成度、この雰囲気なわけで、
だからこそ元ネタを知ってる人間が思わずにやけてしまうのですよね。




2013-05-04_22-20-52_BFROUC.png



元ゲームでは、この中央下段に対戦しているキャラクターが表示されるのですが、
そういった細かいところもしっかりと再現なされているあたりさすがといったところです。
また、ぷよはパズドラもぶで表現なされていますが、
それだけでなくおじゃまぷよもメタリカで表現されているのですよねー。

もう、元ネタを知っている人には、どこ見てもにやけるほかないんですよね。
ニクいです、ほんともうニクい演出だらけで、モニターの前で「ぼはぁー!」言ってましたよ。
なお飼っている犬が、何やってんだあいつって目で見てきたことも付け加えておきます。




2013-05-04_22-21-05_BFROUC.png



もちろん、これらは簡単にできるものでは到底ありません。
元ネタと照らし合わせて、あーでもないこーでもないと試行錯誤をしつつ作られたに違いありません。

現に、壁の裏側はこうなっておりました。
どれだけの枚数の壁を購入し、時間をかけて配置していったのか。
その試行錯誤は想像するに難くないですよね。


ほんと、なんかもう、ご馳走様でしたと言わせていただきます……!

庭造り楽しい!




2013-05-04_22-21-37_BFROUC.png



あ、ちなみに庭主さんがこんなこと言ってました。
なるほど、やはりタイニーちゃんはどこ行っても腹バン担当なんですかね?






続いてはこちらさんですー。



2013-05-04_23-13-17_BFROUC.png



庭造り楽しい!
庭造り楽しい!

一番お安く買える家具であり、本来は家具ではなく家具設置用のアイテムに過ぎないはずの
キューブをこれでもかと使ったお庭さんですね。
庭造り楽しい!(くどい




2013-05-04_23-13-22_BFROUC.png



キューブの内部はキャッスルハウスでしょうか。
NERVタペストリーと合わさって、なんだかとっても入りたくないような、
むしろラスボスが潜んでいそうな、そんな雰囲気を醸し出す入口になっております。
いくぞラスボス、ラストエリクサーの準備は万全か?

あ、それじゃラスボスがラストエリクサー使うことになっちゃいますねなにそれクリア不可(




2013-05-04_23-13-28_BFROUC.png



こちらのお庭さんでは、キャッスルハウスの外装をすべてキューブで埋め、
なんでしょう、うまく表現ができませんが、
キューブの色で暗黒さを出した城……とでも呼べばよいのでしょうか。
そういったお庭を造られております。

ただ、いま私はさらっと言いましたけれども、
キューブだけでこれだけの配置をするのは、思った以上に難しいものだと思います。
ただ単に並べるだけならいざ知らず、中の家をぎりぎり隠せる範囲に配置しつつ、
自分が思った通りの並べ方をされているわけですしね。

しかしそうはいっても、やはりキューブは単価が安いのが大きな利点の一つですね。
そういった意味では、とっつきやすい家具なのかなとも思います。
みなさんも一度触ってみると、案外アイデアがぴんと浮かんだりするかもしれませんね。
癖はありますが、使いこなすとなんといってもかっこいいですしねー。

まあ要約すると、
庭造り楽しい!ってことなんですが。




2013-05-04_23-13-43_BFROUC.png



さて、内部を拝見です。
内部もキューブ主体の黒庭に仕上がっておりました。
ガレキの山のエフェクトが魔王が座す終焉の間を彷彿とさせますよね。




2013-05-04_23-13-51_BFROUC.png



そして玉座に座ってひっきりなしに足を組み替えている庭主さんの姿です。
毎回思うのですが、あれそんなに足を組み替えるってことはかなり座り心地悪いってことですよね。
座布団でも引けばいいのにとかちょっと思う私がいたりしました。







お次はこちらのお庭さんですー。



2013-05-04_23-17-43_BFROUC.png



一目見てコンセプトがわかるお庭さんって、総じてやはり作りこみもすごいイメージがあります。
こちらのお庭さんも例に漏れず。

というわけでこちらのお庭さん、「シャボタン」というコンセプトで作られているお庭さんですね。




2013-05-04_23-17-52_BFROUC.png



色違いシャボタン含め、数多くの種類の植物系のペットが和気あいあいと暮らしています。
こういったほんわかした日常すら彷彿とさせる配置は、なんだか見ているこっちまで癒されますよね。
時間が経つのも遅く感じられます。

だがやる気ないサボテンさん、てめーはだめです。




2013-05-04_23-17-55_BFROUC.png



もちろん技巧のほうもかなりしっかりとされておりました。
家を使わないお庭の利点を最大限に生かし、手前側を大胆に開けることで
非常に開放感あふれるお庭に仕上がっております。屋上の表現も見事でした。

なのに、実はこのお庭、特殊な家具はほとんど使われていないのですよね。
せいぜい果樹園の樹と……あとまあシャボタンアルマはいますけど(
もちろん使える家具が多いことに越したことはないのですが、
弘法さんってやはり筆を選ばないんだなあと思わざるを得ないところではありますよね……。

ただ、要するに家具があるないでよい庭が作れるかどうかが決まるわけではないことを、
このお庭は如実に物語っているとも思うのですよね。
家具がないからとあきらめる前に、まずは店売りや生産品でもよいので、庭に配置してみると、
自分が思ったより庭造りを楽しめるかもしれませんよ!

要約すると、庭造り楽しい!






さて、今回はあと2つご紹介いたしますー。


2013-05-04_23-21-07_BFROUC.png



外装はなんだか考えさせられる、ツクヨミ様のポスター乱舞のみのこちらのお庭さん。
おそらく設置数の関係上これだけしか置けなかったのでしょう。
いつもの法則(設置数の関係で外装が簡素なお庭さんは内装が凝られていることが多い)もありますし、
期待しつつ家の中を拝見することにいたしましょう。




2013-05-04_23-20-27_BFROUC.png



ド ン !

なんだか某ひとつなぎ漫画の効果音を使ってしまいましたが、
内部はものすごい複雑な迷路に仕上がっておりました。




2013-05-04_23-20-37_BFROUC.png



じゅうたん用キューブとただのキューブの複合系迷路ですね。
この手の迷路は実際に目で追うことができませんので、難易度が高くて面白いんですよねー!
しかもキューブですから安価で作れてしまう手軽さも売りだと思います。

みなさんもっと迷路作ればいいと思いますよ!!
庭造り楽しい!

そろそろ庭造り楽しい!がくどくなってきました。




2013-05-04_23-20-47_BFROUC.png



中央のベッドがゴールでしょうか。
眠くなっても難易度高い迷路をクリアしなければ寝床につけないあたり、
ドMなのかドSなのかよくわかりませんね!





2013-05-04_23-20-51_BFROUC.png



ただあのえっとそのですね。
この時閉会式ぎりぎりでものすごく時間がなくてですね。
この迷路をクリアしたかどうかが全く記憶にないんですよね……。

結構苦戦したってことは覚えているんですが……うーむ。
まあなんだかとっても消化不良ですし、またお邪魔する機会があるのなら
今度こそ記憶に残る完全クリアをしてみたいと思いますけれども!






さて、今回ラストのお庭さんですー。



2013-05-04_23-23-47_BFROUC.png



どことなくさわやかな印象を受けるこちらのお庭さん。
海路のコンパスってやっぱりいいものですよねー。
今が夏だからかもしれませんけれど。あつがなついぜ!




2013-05-04_23-23-50_BFROUC.png



もちろん背景だけではありません。
こちらのお庭さんはとかく壁や扉などの仕切り家具を用いるのがうまい印象を受けましたね。
家の入口にもドアの表現がなされているのもそうなのですが、
菜園へと至る扉の区切り方がまた絶妙でして、
普通なら扉を2枚並べるなりしてしまいがちですけれども、
それですとやはり空間を区切りすぎてしまうのですよね。
圧迫感を感じるといいますか、菜園に似つかない感じになってしまうのですよねー。

その点こちらのお庭さんは、片方は扉、片方はウッドテラッツア+花壇と、
分けられて配置されており、それによってデフォルト画面から菜園も眺められますし、
とっても雰囲気よく作り上げられておりますよね。さすがだなあといったところです。




2013-05-04_23-23-57_BFROUC.png



反対側は、これまた登場です放射線状の家具配置方式。
中心から放射線状にフシギなパーティーテーブルを配置されております。
外側の花壇と合わさってこれまたとっても雰囲気が素敵ですよね!

というか、最近は結構この放射線状配置を見かけるようになりましたねー。
とってもおしゃれですし、これから庭を造る予定のある方は
ぜひ一度試してみていただきたいなあと切に願う次第でございます。庭造り楽しい!





2013-05-04_23-24-34_BFROUC.png



中を拝見です。
こちらも外と同じく、アットホームな内装が広がっておりました。
ただし、空間の区切り方、壁の使い方にやはり匠の技を感じざるを得ませんでしたね……!

画面真ん中の、直角に曲がった廊下や、
リビングからキッチンに至るその入り口など、
ほんと建築士の方が設計図面を引いたかのような洗練さを感じます。

なんかもう、空間の区切り方がカッコいいんですよね、ホント。




2013-05-04_23-24-37_BFROUC.png



部屋と廊下の間の壁はこうなっておりました。
扉などが実装されて若干減ってしまいましたが、壁をスライドさせて部屋を遮蔽するタイプの演出ですね。




2013-05-04_23-24-44_BFROUC.png



扉などで区切ったほうがよりリアリティがあふれますけれども、
あれ実は上部が全く遮蔽されていなかったりすることもあるのですよね。
そんなこともあり、まだまだこの遮蔽方法も現役なのかもしれませんね!

そして、壁を寝かせることでロフトの表現をなされてますねー。
壁がウッディーなのでまったく浮いてませんよね。
配置一つ一つが的確でさすがだなあと思わざるを得ませんねー。
また小物もふんだんに配置されており、まさに生活感がにじみ出ております。
うん、住みたい!




2013-05-04_23-24-52_BFROUC.png



ダイニングはフシギなパーティーテーブルで。
なんかもうどことってもワンランク上のお家って感じがはんぱねえでやんすよね。
強盗に入るならこんなお家がいいなあと思わざるを得ません、はい。

なぜ私は強盗前提で話をしているのでしょう。






さてさて。
今回はカバーしきれなかったお庭や、
一度ご紹介してしまったお庭は省かせていただきましたけれども、如何だったでしょうか。


……いやあ、ホントもう一時期と比べてレポの質が衰えているなーと自分自身でも自覚してます……。
リアル状況もありますし、従来のような時間のかかる執筆方法ではなかなか厳しくなっている面もありますし、
次回の「なんECO庭発表会」は少しレポは様子を見るか、
書き方を変えてみようかなーなんて思ったり思わなかったりしております。


ただ、庭造りって楽しいよ!という気持ちだけは十二分にお伝えできたかなと思います!
ただ脈略もなく叫んでいただけですが。

もちろん、これ以外にも過去にご紹介した素晴らしいお庭さんはたくさんございます。
過去にご紹介したお庭さんも参考にしたい方は、こちらよりご覧いただければと思います。
そしてインスピレーションを沸かせ、
是非なんECOで庭造りをして、イベントにご参加いただければと切に願う次第でございます……!




コメント

  1. 庭博レポお疲れ様でした~

    しかし読んでると何故だか庭造りが楽しくなってくるレポートですね!
    一体どんな技法を>< (…何か検索したら10回ほど叫ばれてましたがw)

    しかし何だかんだで、なんエコの庭イベントも1週間切りましたね
    現状のペースだと庭が完成する気が全く持ってしなかったりしますが
    卯月さんも参戦とのことなので頑張って仕上げたいと思います><

    暑い日が続きますがお体にはお気を付けくださいませ~♪

  2. レポートお疲れ様です!
    自分とは違う世界観を持った人の庭を見るとニヤニヤが止まりませんね(=´-`)
    私の活動しているジニアでは庭博イベントが全くありません
    なので、クローバーなどで開催されてる時には足を運ぶわけですが・・・
    なんECOであれば、見せ合いが出来るという数少ない機会!
    楽しみで仕方ないです
    でも・・・時間に遅れず行けるか不安です(´・ω・`)

    それにしても某ゲームを再現したお庭が凄い!
    私もこんなの作ってみたいなと思ったことはあるんですけど、難しそうでやりませんでした
    凄まじい腕前・・・

  3. どの庭も凝ってますねぇ

    確かに、見てる分には面白いです、他の人の庭。
    一流の庭師さんが作る庭は、ちょっとした工夫やちらりと見える遊び心が所々見え隠れしてますし。
    しかし、私は構成力も構造力も皆無ですので、いざ庭造りしようと思っても何も浮かばず結局諦めてしまうのですよ。
    私も、庭造り楽しみたい!(´・ω・`)

    それと、宣伝ありがとうございます!
    良い感じの紹介をいただき、大変恐縮しておりますw

  4. >フレイジアさん
    乙ありでございましたー。
    重ねてになりますが、毎度ご一緒に回っていただいてありがとうございましたですよ!

    いやはやしかし、私も庭結局まったく作れてないですよ…。
    最悪迷路庭だけでも徹夜で完成させて駆けつけますけれども、
    できればもう一庭ぐらいは作りたいんですが……どうなることやら……_(:3」∠)_

    ていうか数えられたんですかΣ( ̄□ ̄;)

    >匠の抹茶先生(?)

    そうですねー、確かに唯一ジニアだけ庭イベントがまったくありませんね……。
    故に私、ジニアに降り立ったことがゴッドフェスイベまでなかったですし。
    ここはあれです、やはり抹茶先生が音頭を取られてみられるのがよいのではないでしょうk(強制終了

    ええ、ホントすごかったです。
    なんというか大きさがでかいのもあるのか、ホント所見でのインパクトが半端なかったですし。
    元ネタをECOで忠実に再現する技術って、思った以上に大変ですよね。
    純粋に尊敬いたしましたです。

    イベントでぜひとも例の庭を拝見させていただこうと思っております、その際はぜひよろしくですよー。

    >コルトミントさん

    庭造りって実際、よし作ろう!よし楽しもう!って意気込んで作り始めても
    大抵うまくいかないんですよね。まああれだけ私連呼してましたけど。

    要するにぽけーっといじっているうちに
    なんだかテンションあがってきた!っていうのが一番面白いのかなーなんて最近思いますですよー。
    そのぽけーっと弄るに至るまでが遠い気はしますけれど。

    いえいえ、本来お声をかけさせていただいたすぐ後にしたかったのに申し訳ございません!
    ともあれ、相互リンクありがとうございましたですー。改めてよろしくお願いいたしますー。

コメントの投稿

スパム防止のため、httpと大手サービスのアドレスを禁止語句に指定しております。
(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。