--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繋げる楽しさ、プライスレス。

16:56



もうすぐクリスマスでございます。町中で聞くBGMはクリスマス一色。
ラジオをかけても、どこもかしこもクリスマスソングを流すばかりです。
あんたらもっと他にごり押しすること無いのか
イライラしながら竹内ま○あさんとかユ○ミンさんとかの曲を聴いてるんですけどね、
山○達郎さんとか、ガムだかワ○だかそこら辺の人とか。
ていうかもうなんかホントむしゃくしゃして、全部の曲つなぎ合わせて
ざらーすくーりすますがことしもこーなーいー ひとりきりのこいびとはさんたくろーす あいぎぶゆーまいはー
とか歌ってしまいますよ、ですが今は反省しています。何この痛い人(

ところでクリスマスと言えば、
小さい頃は良くクリスマスパーティーを開いたりした方も多いのでは無いでしょうか。
親にせがんで料理を作って貰い、
普段買って貰えないような炭酸飲料を1,5リットルペットボトルで買ってもらい。
そして一生懸命集めた友人たちと紙コップで乾杯した後に、クリスマスプレゼントを交換し合うわけです。

嗚呼、

あの頃に帰りたい。


なんていう涙がちょちょぎれるような世知辛いお話は脇に置いておきますけれども、
クリスマスと言えば、私あの飾り付けを思い出したりもするんです。
折り紙を細長く切り、輪っかにしたのを繋げ合わせて作るあの飾りですあれ。
お手軽に作れて見た目も良いかの飾りは、クリスマスパーティー以外にも良く文化祭等、
諸々の学校行事などでも良く作った記憶があったりします。

ただぶっちゃけていうならば、あれ私あまり好きじゃありませんでした。
見た目の華やかさとか、見ているだけなら良いのですが…
何せ作る労力に対して時間対効果が見合ってないと言いますか、
輪っかを繋げて繋げてふーーっと一息つくぐらい繋げても、
腕ぐらいの長さしか出来てなかったなんていう記憶の方が鮮明に残ってます。
なんて堪え性のない…といったツッコミはあちらの総務課の窓口へお願い致します。
であれですよ、イベントが終わればすぐに焼却処分ですし、
片付けも妙にかさばったりと、本当に面倒だった記憶しか残っていません。
そんなことやってるなら、まだビニールテープで作るチアガールのボンボン、
あのテープを1ミリ単位でちまちまちまちま裂いてたほうがよっぽど楽しかったですよ!

ええ、小さい頃からやはり根暗な人間だったと言うことを普通に暴露してしまいましたが、
そんなわけであの輪っかにはあまりいい記憶がある訳ではないのですが、
唯一、唯一あの飾りを作る上で良かった点を上げるとするならば

繋げて繋げて、繋げて繋げて繋げて繋げて物凄く長く大がかりな飾りが出来上がったあの時。
あの時の達成感という物は、他では中々味わうことが出来なかったかなと思ってます。

やはり一つ一つは小さいものでも、それを繋げていった先に素晴らしい完成品が出来るという楽しさ。
そういった『繋げる楽しさ』が、あの飾りを作る過程で
楽しむ事が出来るものなのではないかな、と少し思ったりするんです。




少々分かりづらいと思うので、違う例を出しましょうか。
皆さんの中に格闘ゲームをプレイされたことのある方は多いかと思います。

格闘ゲームの楽しみの一つに、コンボを繋ぐという物があると思います。
個々の技は大技に比べると見劣りする、そんな技を反撃する隙を与えず使うことで、
大技に負けるとも劣らない、下手をすれば余裕で勝ってしまうようなダメージを与える。
そんな「コンボ」の魅力は、難しい技を繋ぎ終わったときの達成感、
ダメージ総数の巨大さ、そしてコンボの見た目の良さ。
そういったものがやはり上げられるのではないかと思うのです。

そしてそれらは全て、飾りの輪っかの話にも置き換えられる訳ですね。
繋ぎ終わった達成感、飾りの長さ巨大さ、そして見た目の美しさ、です。

格ゲーなんて痛そうだから触ったことがないよ!という方も、
例えば東方を初めとするシューティングや、アクションゲーム、
果てには一部のRPGゲームですらコンボという概念が存在していたりします。
それらはやはり繋いで繋いで積み重ねて、大きなスコアを出すことを楽しむものであり、
コンボという概念が無ければそのゲームが成り立たないなんてものもあるはずです。

『繋げる楽しさ』というものがコンボにはあり、
結構言語化しにくいのですが、やってみなければ分からない楽しさが、確かにそこにはあると思うのです。
そしてそれはゲームの楽しさを語る上で重要な要素の一つであると私は思ってます。





さてさて、そんな『繋げる楽しさ』ですが、
実はECOでも味わうことが出来るものだったりします。
勿論、繋げる飾りとかそういったものではなく、コンボの方でございますが。

と言ったわけで毎度の如く長くなってしまいましたが
と書くのももう何回目なんだろうといったお話なのですが、今回は


ecostyle


でございます。

前回の記事の予告通り、今回は新しく実装された新演習などには見向きもせず、
剣士系及びイレイザーのコンボスキルの良さと言ったものをお伝え出来たら良いなと考えております。
流行などを全く加味せず、やりたいようにやるのが当ブログ月刊 wander gardenでございます。
ええ、偉ぶっておりますが全く偉くありませんね。





さて、早速ですが、「ECOでコンボ?なにそれ美味しいの?」と思っている方へ。
こちらの動画を見ていただきましょう。





尚、お借りしたBGMはECO公式ブログの
2012年エイプリルフール企画より02 The world of curiosity remixです。



如何でしたでしょうか。これが、ECOのコンボで御座います。
キリカさんが詠唱もなくスキルをどんどん繰り出して言っていた事がお分かりになられたかと思います。
具体的に言うと、剣士系のスキルを

神速斬り居合い居合い2段居合い3段百鬼哭ジリオンブレイド
居合い斬撃無双神速斬りジリオンブレイド→(以下ループ)
(尚、撮影用に全てLv1で打っております)


と打ち続けていたのですよね。技名を色分けしただけでも本当にカラフルですなあ…。
まあ、途中から段々コンボが適当になっていってるんで後半は違ってるんですが。

これ実は記事を書く前にちょこっと撮影してきたんですけれども、
youtubeの高画質エンコの仕方がよく分からなくて
結局低画質になってしまって今非常に落ち込んでいるんですが、
まあそれは置いといて。
別段何も特殊な動きや難しい操作などはしていないにも関わらず、
SPが切れるまで延々スキルを繋げられる訳なのです。


これで少しは興味を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
正直、見るよりやっている方がもっと楽しいのですけどね…!
と言うわけで、実際にこんな感じになりますと言ったイメージを持って頂いた上で、
『コンボ』について少し掘り下げていこうかと思います。





ところで。ECOのほぼ全てのスキルには、
スキルディレイといったものが設定されていることをご存じの方は多いと思われます。
が、一応分からない方のためにご説明だけさせて頂きますと、
スキルを発動するまでに詠唱時間が掛かるのと同じように、
スキルを発動した後にも実はそれぞれのスキルに設定された時間、
他のスキルが打てなくなる時間があるわけですね。

言うなれば、

俺の中に宿る魔力をこの手に集めて放出!喰らえ!エターナルフォースブリザード!!

って厨二病台詞を吐きながら魔法を放ったキャラに対して即座にスキルを打てと命令しても

え、いや、ちょっとまって、相手死んでるしこっちはまだ魔力が回復してないんですけど!


となると言ったようなイメージでしょうか。

これは始めたばかりの方でも、スキルを打とうとして何故かスキルがすぐにでない等といったケースで
感覚的に分かっている方もいらっしゃると思います。
ちなみに、スキル自体にスキルディレイが設定されていない、
カオスウィドウやエナジースピアなどのスキルもあったりしますが、これはまあチラシの裏と言うことで。


ですが、一部のスキルにはスキルディレイを無視して、
スキルを発動した直後に特定のスキルを発動することが出来る特徴を持っている物があるのです。
そういった、スキルの後にスキルを発動していくことを、
このブログでは『コンボ』と呼んでいるわけですね。
ちなみにあくまでも個人的に呼んでいるだけで、他の人に言っても通じないかも知れませんが。



ではここからは、ECOにおけるコンボの仕様を説明する上で、一番コンボスキルとして馴染みが深く、
一から始めても簡単に習得できるであろう、剣士系の「居合いコンボ」を例に出しますね。

居合いスキルには『居合い』『居合い2段』『居合い3段』の3つの種類があります。
これらのスキルにはそれぞれ

・居合いスキルのディレイ中に居合い2段を発動すると、
 居合いのディレイと居合い2段の詠唱がキャンセルされ、即座に居合い2段を出すことが出来る。
・居合い2段スキルのディレイ中に居合い3段を発動すると、
 居合い2段のディレイと居合い3段の詠唱がキャンセルされ、即座に居合い3段を出すことが出来る。


と言った特徴があり、簡単にいってしまえば
居合いは元々剣鞘から剣を抜く動作のまま敵を切りつけると言った技ですけれども、

本来であれば技を発動した後は、剣鞘に剣をまた戻さなければいけないが(スキルディレイ)
その動作をキャンセルし、切りつけた直後に間髪入れず切りつける(ディレイと詠唱のキャンセル)


なんてことが行われているとイメージすると、分かりやすいのではないでしょうか。


さてさて、前書きは置いといて実際どんな風にスキルが発動していくのかを見ていきましょう。
先程の動画から居合いを打っていた部分を別途切り出して見ましたので、そのSSと共にどうぞ。
ええ、手抜きですが何か?




居合い1-1_BFROUC



まずは『居合い』を発動させます。この発動にのみ詠唱が生まれますが、
低AGIでもあまり気にならないぐらいかと思われます。
尚動画では他のスキルのコンボとして発動させましたので、居合いの詠唱もカットされていたりします。

居合いという名だけあり、剣鞘………
といった概念の物はECOにはないので、手で代用しているようですが、
左の腰に剣を当てた後、




居合い1-2_BFROUC



ズバァン!
といった効果音や旋風と共に、敵を抜刀モーションで切りつけるわけですね。ダメ1ですけど。
使用しているのがカタナ(を110両手剣に融合させてますが)なので、余計栄えて見えますよね!!

本来なら左手切れてますけどね。


さて、この後からコンボがスタートします。
居合いのスキルディレイ中(攻撃やスキルが使用不可な時間)に、『居合い2段』スキルを使用します。
すると、居合い2段の詠唱がキャンセルされて




居合い2-1_BFROUC



剣を振り抜いたモーションからそのまま、居合い2段のモーションに移ります。
剣を振り上げたようなモーションを取りますね。
ちょっとこちらからはかっこよさが伝わりにくいのでカメラを動かしますと、




居合い2-2_BFROUC



こんなモーションを取ります。振り上げた剣もさることながら、
左手の指など細部にわたるまで描写されてますね。
うひょいカッコイイ!!と言わざるを得ません。うひょいって何語なのかよく分かりませんが。

そしてもちろんこの後、




居合い2-3_BFROUC



グシュッ!と言った効果音と共に振り下ろすわけですね。
袈裟切りという奴でしょうか。まあ、またダメ1ですけど。

しかしまだ終わりません。
この後にも当然スキルディレイがあるわけですが、その最中に『居合い3段』を使用します。
すると、




居合い3-1_BFROUC



振り下ろした剣をまた左下の方へもってゆきます。
こちらからでは格好がわかりにくいのでまた先程のカメラに戻しますとこんな感じ。




居合い3-2_BFROUC



いかにも、剣を振り下ろしました!感が漂っておりますよね。
『居合い』と違い、左手を剣に当てているわけではなく、
剣を振り下ろした体勢そのままでモーションに入っているような感じです。
これはこれで居合いとはまた違っていて良いですよね!厨二病くすぐられますよね!!


そしてこの後、




居合い3-3_BFROUC



居合いとはまた違った効果音と共に、なで切りでございます。
うーん、ホントカッコイイ。やっぱりダメ1なんですけど。




ここまでが、スキルディレイと詠唱をカットしながら連続でスキルを発動する、通称『居合いコンボ』です。
やはり特筆すべき点は、詠唱とディレイをキャンセルしてすぐに出すことが出来ると言った所ですね。
スキルの出す速さが早くなれば、当然狩りの効率も上がりますし、被弾の確率も下がります。
まさにバンバンジーですね。間違えた、万々歳ですね。
特に居合い3段などは本来の詠唱が結構長かったりしますので、
その詠唱を丸々キャンセルできるのはうれしい限りです。

しかしもう一つ重要な点があります。それは「居合いコンボはスキルさえ出せれば良い」と言うことです。
つまり、目の前に3体の敵がいるとすると、
居合いを、居合い2段を、居合い3段をに打ってもこのコンボは成立すると言うことです。

つまり居合いでを切り捨てた後、振り向きざまを一刀両断。逃げ出すに向かってとどめの一撃!
などと言う、黄門様が「すけさんかくさん、ちょっとやりすぎでしょう」と言いながら
印籠を猛アピールしてしまうような、そんなこわカッコイイアクションまで出来てしまうわけです。
ところでどうでもいいですけど、敵をのす前に印籠出しちゃえば
無駄な殺生無くなると思うんですけどどうなんですかね。至極どうでもいいですけどね。





とまあ、居合いコンボについて簡単にご説明致しましたが、
実は居合い系のスキルの後にも繋げることが出来るスキルが存在します。
転生前と後では少しまたスキルが追加されたりしますので、とりあえず転生前までで出来るスキルだけを、
今必死になってエクセルでぱぱっと作りましたので乗っけておきますね。

ちなみに、作った後に気づいたんですが、随分前に公式ブログのほうで
既に対応表がのっけられていたと言うことに気づいてガン萎えているんですけどね。



一次職_BFROUC


と言っても、動画と違い転生前まではまだそんなに繋げられるスキルはありませんね。
『居合い→2段→3段→百鬼』 が一連の流れと言った所でしょうか。
それでもかなりカッコイイのですけれどもねー。
百鬼哭はLv5だと5回連続で切りつけますから、なおのこと素敵でございますよー。


尚一応補足説明ですが、『居合い系』と書かれてある部分は、居合い3種の内のどれでも大丈夫です。
つまり居合い2段からでも居合いからでも、百鬼が繋がると言った訳ですね。
とりあえず居合い系スキルは、居合いコンボを3段まで繋がなくても他のスキルに繋げられるという、
コンボ始動において万能なスキルである訳です。

あ、ですがこれ以外のスキル、例えば居合い2段後に旋風剣を使う場合は、
しっかりとディレイと詠唱がかかりますのでご注意下さいね。
また居合い後に居合い3段、居合い3段から居合いや居合い2段もダメだったりします。
居合いコンボは順序だててどうぞと言うことなのでしょうね。

また『種族特化』と書かれてある部分は、ブレイドマスターの
『兜割り』『巨木断ち』『隼の太刀』『霞斬り』『アギト砕き』の5つの種族特化スキルの事です。
特に隼の太刀はモーションが格好良いので、いつになるか分かりませんが
これもまた紹介しようかなと思っていたりします。蛇足ですが(
ちなみに燕返しは入っていないことに注意して下さいね。




さて、こんな感じでスキルディレイと次のスキルの詠唱を
丸ごとキャンセルするのが『コンボ』といったお話、理解して頂けたでしょうか。





さてさて、それでは本題の『剣聖』スキルの方に移って参りましょう。

『剣聖』は、剣士系3次職グラディエイターのJOBLv47スキルです。
3次職カンスト間近のスキルと言うことで、中々取得するのが難しい物ではありますが、
習得すると、コンボとして繋げられるスキルが増え、
さらに居合い系を初めとする主要スキルのダメージがが最大800%もされるという、
コンボをする上で垂涎となるような夢とロマン溢れるスキルとなっております。
何を隠そう、あの動画も剣聖スキルの効果を最大限に発揮したコンボ構成でありましたしね。

では実際にどこがどう違ってくるのか、と言うのを一目瞭然にするために、
剣聖取得と未習得の際のコンボスキルの対応表という物を
これまた今必死になってエクセルでぱぱっと作りましたので乗っけておきますね。


剣聖_BFROUC


表の補足事項としましては、『→』の矢印があるものは
さらにコンボを繋げられる可能性があると言うことを示しております。
具体的にどんなものが繋がるかは表のどこかに既に書かれてありますので、
そちらまで戻って、見て頂ければと思います。分かりづらい表で申し訳御座いません…。


とりあえず、グラディエイターを極限まで育てると、剣聖スキルを習得せずとも
かなりコンボの選択肢が増えると言ったことが分かるかと思います。
コンボも一辺倒なものではなく、色々とアドリブをきかせつつスキルが打てる感じに進化しますね。
特にジリオンブレイドがあるだけで居合いからまた居合いに戻って来れますから、
ジリオンさえ取得出来れば、SPが続く限りコンボをループさせることが可能なのですよね。
僕が!SP切れるまで!殴るのを!やめない!みたいな感じです。意味が分かりませんが。

ですが、やはり剣聖スキルを取得した場合、世界が広がります。
特にコンボとして組み込めばかっこよさがピカイチである『斬撃無双』
コンボの中に組み込めるのは大きいですねー。
物凄く素早く10回も切りつけるこの技が入るかはいらないかで、
見た目に大きな差が出ると言っても過言ではありません。


斬撃1_BFROUC


動画の斬撃無双シーンを切り抜いてみました。
ダメージ表記が物凄く連なっているのがお分かりになるかと思います。ええ、やっぱり手抜きなんですが。
そしてクリティカル表記が凄い邪魔ですね、どうしてヤシの木を使わなかったんでしょうね全く。



しかしそれだけではありません。
斬撃無双は10HIT目に敵を大きくノックバックさせる効果があるのですが、
敵との距離が開いてしまうため、本来であればスキルはそれ以上繋がらせにくくなってしまいます。


斬撃2_BFROUC


下からの切り上げで敵にとどめの一撃シーンですな。


ですが、剣聖スキルを持っているならばその後に神速斬りが繋がる訳です。
すると、10HIT目で大きく距離を離した敵に対して
神速斬りで一気に肉薄しながらコンボを続行させることが出来るのです。


斬撃3_BFROUC


即座に距離を詰めてふるぼっこ継続と言った訳ですね。


これは本当に格好良いですよ!
動画ではどちらもLv1で打っているので少ししか離れず何やってるのか分からないかも知れませんが、
斬撃無双Lv5はかなり遠くまで敵を吹っ飛ばしますし、
神速斬りLv5はかなりの距離を一瞬で近寄りますからねー。

また、神速斬りで肉薄した後の選択肢が本来ならばジリオンしかないわけですが、
これも剣聖を取得することで居合い系に繋げることが出来、
肉薄後のコンボの繋げ方に自由度が広がるわけです。
わーおジェシー、こんなについてお値段たったのスキルポイント3でいいのかい!?


そんな、いろいろな事柄を踏まえた上で、もう一度先程の動画を御覧下さい。





どうですか。

カッコイイと思いませんか皆さん!!



コンボは見ていても楽しいんですが、やはりそれを実際にやるのが一番楽しいのですよね。
ですからここまで熱く(というかただ長々と長文で)語っても、正直この魅力は伝わらないと思ってます。

気になる方、騙されたと思って一度ソードマンを作ってみて下さい。
ECOは垢をいくら追加しても無料ですし、
コンボの基本スキルである『居合い』なんて、
ソードマンへ転職したときに既に覚えているぐらい、敷居の低いスキルですから。
まあ居合い3段はソードマンJOB50なんですけどね…。


あ、一つだけ注意点です。
『コンボ』の最大の条件は「スキルディレイ中に対応するスキルを発動すること」ですね。
つまり、スキルディレイが切れた場合はコンボが途切れてしまいます(スキルの詠唱が入ってしまいます)。
スキルディレイが短すぎるスキルは殆ど無いと思っておりますが、
要注意なのが『ソードディレイキャンセル(DC)』です。
DCの効果の一つに「スキルディレイを軽減する」効果があるんですね。
つまり攻撃速度を速めようとしてDCを入れたばっかりに、
スキルディレイが短くなってコンボが繋げにくくなってしまうといったケースがあるのです。
巷で良くコンボをする剣士を「コンボ剣士」と呼び、他の剣士さんと分けるのがこの理由からです。
他の剣士さんと違って、コンボ剣士さんはDCが相性悪いんですよね…。


ただ、ASPDに修正が来た今、通常攻撃で超速狩りをするケースがあまりなくなり、
スキル狩りに主眼が置かれつつある今。
コンボというものに目を向けても良いのではないかと私は思うのですよね。
何せ楽しいですし。狩り嫌いの私も、時たまコンボがしたくなって
狩りに出かけたりすることがありますしねー。
ベイヤールを居合いコンボで個々に屠っちゃったりするとストレスも発散でございますよ。
狩り嫌い克服にも是非どうぞ!(?





ところで、コンボは剣士系しか使えないのかと言った話なのですが、
実はもう1職だけ使える職業があります。それがイレイザーな訳ですね。

ええ、なんでECOスタイルでこのコンボを特集しているのか分かった方もいらっしゃるかと思います。
キリカさんチルハさんもろに職が被っているんですこれ。

そんなチラシの裏は置いておきますが、イレイザーが出来るコンボの方も
今必死になってエクセルさんにぱぱっと作って貰いましたので乗っけておきますね。


イレイザー対応表_BFROUC


さ、流石にコンボ本職と比べると見劣りしてしまいますけれども、
このコンボ、さすがと言うべきかっこよさなのですよねこちらも。

そしてかっこよさだけではありません。こちらの方もしっかりとメリットがございます。
イレイザー最強スキル刹那。これを唯単に打つだけと、
悪鬼刹那とコンボさせた場合を比較するとどうなるのか。
こちらの方を、チルハさんで動画に撮ってきましたのでこちらを御覧下さい。




尚、お借りしたBGMはECO公式ブログの
2012年エイプリルフール企画より02 The world of curiosity remixです。



一応補足ですが、濃縮を叩く前までは刹那のみを最速で打った場合、
濃縮を叩いた後は刹那悪鬼と繋げた場合です。
分かりにくいとは思いますが、若干コンボとして打った方が早く刹那が打てておりますよね。

勿論これは短銃を装備したときの場合です。
このコンボは、銃を装備した場合のみ攻撃モーションが格段に速くなるという悪鬼の特性を
うまく利用しているためにコンボの方が刹那のみより早くなるわけであり、
爪や短剣でこのコンボをした場合は刹那のみのほうが早くなるかも知れません。


ですが、短銃を装備した場合の悪鬼の素早いモーションと、
刹那のすり抜けモーションや紫の羽根などが入り乱れ、
物凄く早く動いているように見えるのは凄く爽快感が生まれるんですよね。
格段特別なことはしてないんですけどね。ただスキルを交互に撃ってるだけですし。

また実用面でも、動画ではAGI108で撮影したためにそこまでの差は無いように見えておりますが、
Aがもっと低ければ必然的に差が開くことになりますので、
Aを低めにしている方にはもっと恩恵が生まれるかと思います。
特にイレイザーではAVOコミュがあるわけですし、
A低くても何とかなるために低めに設定している人もいるのではないでしょうか。
そういった方で銃を主体にしている方なら、
この爽快感もあって是非オススメしたいなと思っております。


特にこのコンボ、別に悪鬼をLv1にしても出来ますからねー。
スキルPが余っている方は是非取ってみては如何でしょうか。





さてさて、また長々と語ってしまいましたが、
少しでもこのコンボの魅力が伝わっているとこちらとしてもうれしい限りです。

しかし、やはりコンボの最大の魅力はやってみないと分かりません。
この記事を機会に、少しでも多くの人がコンボスキルを触って頂けるようならば、
もう私あれですね。バク宙しながらうまい棒を2本ぐらい食べてしまいます。意味分かりませんが。


ところで、ここまで書いてきて気づいたのですが、
前回の記事での

eco 刹那 悪鬼
エミルクロニクル ジリオン 連打


こちらの疑問にしっかりとお答えしていないのかな、と何か不安になってきました…。
正直この記事では魅力ばかり語ってただけですしね…。



と言うわけで、正直な話、悪鬼刹那コンボって効率面から見てどうなの?
ジリオン連打ってどうなの?といったぶっちゃけトークについては、


SNSのほうに、回したいと思います。
(SNSにはログインが必要となります、ご注意下さい)


久々のSNSとのコラボ記事とさせていただきます。
SNSの方では…若干デメリットな部分もぶっちゃけつつ、
効率面から鑑みたこれらコンボスキルをもう少しだけ掘り下げていきますので、
興味がお有りの方はこちらの方も是非御覧になって頂ければと思います。






さて、この場で恐縮ですが今後の更新予定の方をば。


次回、クリスマス25日に予約記事投稿を予定しております。
また、もしかすると24日の方でも記事が投稿できればなーと思っております。
が、こちらについては出来るかどうかは怪しいです。間に合わない可能性ががっが…。

そして12月31日に、当ブログの今年の総括をした記事を、
1月1日にも予約で、新年のご挨拶記事を予定しております。
それ以降の記事については特に予定はありませんが、
1月15日が私の誕生日ですので、恐らく例年通りにそれ関連の記事になることでしょう。

皆さん、別に高額な誕生日プレゼントは期待しておりませんです。
あえて言うなら、皆さん!
金の卵 を待ってます!主にブログのネタにさせて頂きますので!



って、たまごじゃないよ!!
卵月じゃなくて卯月だよ!!(






コメント

    コメントの投稿

    スパム防止のため、httpと大手サービスのアドレスを禁止語句に指定しております。
    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。