--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当ブログ「月刊 wander garden」の読み方

22:15


最初に補足です。

2014年1月1日以降、このブログは「わんだーがーでんかんぱにー」と名称を変更しました。
ゆえに、若干「月刊 wander garden」とは運営方針が異なっております。
が、基本的な事柄については「月刊 wander garden」の形式を受け継いでおりますので、
ひとまずはこちらの記事をそのまま流用する形をとらせて頂いております。

暇が出来次第、「わんだーがーでんかんぱにー」としての事柄も追記したいと思いますので、
もう少々お待ちくださればと思います。





よく企業やショップのホームページなどで「始めに」とか「初めての方へ」などといったページがありますよね。
大方メニューの一番最初や一番左など、特に目立つ所にリンクボタンがあるにも関わらず、
中身は大したことが書かれているわけでもないアレのことです。

正直何のためにあるのかよく分からない訳ですが、大方察するに体裁を保ったり、
一応のコンセプトを示したりといった意図があるのかなあと推察するところではある所ですけれども、
見る側からしてみれば正直そんな事情など知ったことではないわけで、
そんなページを自ら見にいくような奇特な人などごくごく僅かであり、
はじめにというページ自体が始まるどころか既に終わっていると言っても過言ではないわけなのですけれども、

当ブログの所謂「はじめに」ページを御覧のそこの貴方は、
私からしてみれば非常に奇特な存在に見えていることを伝えさせて頂きます(?


そういった、まず「はじめに」ページを確認してしまうような方々の中には、
大方参考書は目次どころか、目次の前にある建前10割で構成された前書きを一文もとばさず読み、その参考書を作るに至った高尚なる経緯や考えを無駄に頭の中に叩き込んで、この作者さんは凄い!こんな作者さんが書いた参考書なのだから絶対為になる!と認識を改めただけで数時間は勉強した気になり、それじゃ今日はもう良いかなと本を閉じてしまう愚行を侵してしまう人も少なからずいるのだと思いますが、正直前書きで高尚な考えを切説と述べている参考書に限って実は独りよがりで分かりにくかったりするのは置いておいて、それはともかくそんな所を読むくらいなら目次の先を1ページでも多く丸暗記した方がまだマシであると言うことに気づくべきであることを切説と述べたいなあと感じている
わけでは勿論なく、この記事はあくまでも「はじめに」ページなだけなのですが、
私は何故こんな場所でも駄文を垂れ流しているのかさっぱり分かりません。


まあ勿論、そんなページは元から殆ど読まれないことは作り手側も分かっているはずです。
ですのでそういったページは綺麗な言葉を少し並べたり、
創設した際の高尚な理由を7行ぐらいでまとめてはいお終い、と言うのが一般的な訳でもあるのですが、

当ブログの所謂「はじめに」ページを殆ど見られることがないと分かっていながら、
それでも簡易的なもので終わらせずしっかりと駄文長文を紡いでいる私自身も
他の方から見れば非常に奇特な存在に見えていることかと思います(?



そして、そんな奇特な人と奇特な人が合わさったこのページでなら、きっと奇跡が起こせるはずです。
そう、建前しか書かれない「はじめに」ページでも、奇跡が起これば面白くなるはず。
さあ祈って下さい。念じて下さい。

この記事が昇華し、「はじめに」ページに革命を起こすことを―――――――――









         ∧∧  ミ _ ドスッ
        (   ,,)┌─┴┴─┐
       /    つ. 無理です│
     ~′   /´ └─┬┬─┘
      ∪  ∪      ││ _ε3
               ゛゛'゛'







そういうわけでここでは、当ブログ「月刊 wander garden」を閲覧する上で
知って欲しい権利事項から、大体こういう書き方の癖があります的なものまで、
様々な前提事項を書かせて頂こうと思います。



さてまず始めに、真面目なものだけ済ませておきましょう。


『月刊 wander garden』(以下当ブログ)は、
エミル・クロニクル・オンライン(以下ECO)の非公式ファンサイトです。
当ブログは、ECO公式サイトの「著作物の利用について」に則り執筆しております。

SSなどECOより転載された全てのコンテンツは
株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
及び株式会社ヘッドロックに著作権があります。
また、それに該当しない著作物は、
ページに特に記載がない限り当サイトが著作権を保有しております。
尚、他所からECO以外の著作物を引っ張ってくる場合は、
基本的にその都度必要であれば明記致します。

ちなみに、当ブログの全てのコンテンツの再転載や配布等の再利用を禁止しております。


また、このブログではトラックバックは基本的に受け付けない設定とさせて頂いております。
そしてコメントについても、公序良俗に反する等、
著しく不適切だと感じた際には予告なく削除させて頂きます。

ちなみに、当ブログはリンクフリーです。


これらの記述は、プラグイン右側の一番下「Copyright」にも記載されております。



以上です。頭の片隅にでも置いておいてもらえるとありがたいです。






ではこのブログの簡単な説明から始めさせてもらいましょう。


当ブログは「エミル・クロニクル・オンラインの魅力を独自の視点でお届け」するというコンセプトのもと、
正直何をいってるのかさっぱり分からない駄文長文を並べ立てるだけのブログでございます。
ECOの様々なコンテンツをいろいろな角度でご紹介してゆくブログでございます。

具体的にどうやってお届けするかと申しますと、
基本的に『企画』というものをジャンル分けの軸として、個々の記事を大まかに区別しております。


尚現在この『企画』は


イベントニュース


ユーザーイベント情報やその事後レポートなどをお届けする「イベントニュース」



ecostyle


主にECO上級者の方々に対してお届けする、
既存のコンテンツの違った楽しみ方や知られざるコンテンツなどをご紹介する「ECOスタイル」



コロンブスのアクロニアレポート


主にECO初心者の方にお届けする、始めたての人の目線に立ったECOの世界や
初心者の方々に知って欲しい様々な情報をご紹介する「コロンブスのアクロニアレポート」



卯月遥の滑りまくる話


主に卯月遥がダラダラと落ちもなく長文を書き連ねる「卯月遥の滑りまくる話」



わんわんとあそぼう


わんわんわんにゃーんわんにゃーんの「わんわんとあそぼう」



が現在あります。
うそですすいません、わんわんとあそぼうはありません(



基本的にこれらの企画に沿った記事を、その時の気分によってランダムに選んで執筆致します。
故にレポート記事の前編と後編の間にECOスタイルが交ざったりします。
その為に、基本的に執筆者側としては
プラグイン左側上部にある、記事一覧のカテゴリ内より読みたい企画を選んで頂く
ことをオススメしております。
要するに新聞と同じで、社会面が読みたかったら社会面へ飛んで頂いて、
スポーツ面が読みたかったらスポーツ面へ飛んで頂くといったイメージです。
そういった意味からも、このブログのタイトルを「月刊」とさせて頂いております。






少し話題が出ましたが、タイトルを「月刊」にした理由は、
一つはカテゴリごとにお読み頂く新聞スタイルだということがあります。
もう一つの理由は、最低月一更新を基本的に掲げているためです。
ここも少しわかりにくいのですが、『最低』なので、基本的に不定期更新だと思って頂いて構いません。
その気になれば毎日更新もあり得ますし、忙しいときは1ヶ月ごとの更新もあり得ます。
ここらへんは主に管理人のモチベやリアル事情、後ネタのあるなしも関わってきますので、
しっかりとした更新頻度を明記できないことを予めご了承頂ければと思います。
そして最後にもう一つ、卯『月』が『刊』行しているといった意味でも「月刊」と付けていたりします。
あ、すいません、ここ今考えた完璧後付け設定です。

ついでに、「wander garden」についても触れておきますと、
こちらは卯月遥を初めとする3垢の飛空庭が所謂迷路庭となっていることから由来しております。
wonderとwanderを掛けてあり、不思議な歩き回る庭と言ったニュアンスがあり、
某ゲームのダンジョン名「ワンダーの樹海」からも取ってきていたりはしますけれども、
迷路庭という意味ならば「labyrinth garden」「maze garden」などが正しく、
正直なところ、管理人が英語に関しては致命的だということを暗に露呈している結果となっております(

ただ名前の響き的に気に入ってもいますので、タイトルを変更するつもりは今のところあまりありません。






さて、少し執筆者サイドの設定についてお話しさせて下さい。


基本的にこのブログは一部の例外を除き、
ECO内キャラクター「卯月遥」が執筆しているという体でお送りしております。


執筆場_BFROUC


卯月遥は自室にてこのような長文を毎度書いているようです。
手にマメとか何個出来てるんでしょうね。

ECOスタイルなどではタイタ剣士「キリカ」タイタスカウト「チルハ」などの
他のキャラクターが出てくることもありますが、
基本的にこのブログでは卯月遥が前面に出てくるものと思って頂いて構いません。
尚、「卯月遥」はフリージアサーバーで実際に存在しているキャラクターですが、
「キリカ」「チルハ」など、それ以外のキャラクターについては偽名を使わせて頂いております。
もし同名のキャラクターが存在したとしても、当ブログとは何の関係もありませんのでご注意下さい。


一部の例外とは、まず「コロンブスのアクロニアレポート」のことです。
この企画については執筆者が卯月遥ではなく「コロンブス」になります。
卯月遥はコロンブスを助言などで導いたりする役柄として出てきます。

そして、上で上げた記事、所謂「メインカテゴリ」以外の記事、
主に「プラグイン左側上部の記事一覧内のサブカテゴリ」に入れられる記事に関しては、
執筆者は『管理人』となります。卯月遥の中の人と言い換えることも出来ます。
尚中の人は「卯月」「うづき」「左目がうづき」等、別の名前で名乗っていることもあります。

ここでややこしいのは、サブカテゴリの「卯月家の日常」です。
このサブ企画は、卯月遥を中心にショートストーリー調の文章をお届けするものです。
その際、一人称視点が「卯月さくら」を中心に様々なキャラへと入れ替わります。
尚ショートストーリーに耐性のない方は、間違えて閲覧したりしないよう注意して頂ければ幸いです。


ちなみに。
これら執筆者の諸設定はこのように決まっておりますが、
正直なところ私はこれを絶対遵守するつもりはあまりありません。
ですので、卯月遥の滑りまくる話や他の企画の冒頭でも
卯月遥が管理人のリアル話を語ったりします。
徹底するのが面倒臭いだけなのですが、
そういったケースを見かけても目くじらを立てないで頂けるとありがたい限りです。






さて、散々もう出てきてはいるのですが、私の執筆の癖というのも少しお話ししておきましょう。

まず改行です。
基本的に長文となってしまうために非常に気を使っておりますが、
主に少し話題が変わるな、と思ったところを出来るだけ段落分けすると同時に、
右端で文が折り返さないようにも気を付けて、出来るだけ見やすい改行を心がけております。
尚、この記事の前書きでも書かせて頂きましたが、
改行無しに文章をだだだーっと書いている段落がたまにあります。
その部分はとりとめもない駄文であり、
飛ばしても構わないことを暗に伝えるためにわざと改行無しで執筆しておりますので、
お急ぎの方などは飛ばして頂けるとありがたいです。

句読点についても出来るだけ見やすく、且つ乱用はしないようにしてはおりますが、
少し一般的ではない付け方をしている気がしますので、その違和感は仕様だと思って頂ければ幸いです。

そして打ち消し線です。当ブログではこの打ち消し線の使い方が多少特殊です。
私が冗談を書いたときに、セルフでツッコミを入れる為に入れる場合と、
嘘を述べているときにそれをセルフ訂正している場合と
文字通り文章を打ち消している場合とがございます。
ですので、基本的に打ち消し線が入っている部分は『話半分に読んで貰えると幸いです』。
くれぐれも真に受けることがないように宜しくお願い致します。

それに関連してですが、打ち消し線を様々なシーンで使う為、
基本的に打ち消し線を読まなくても文章が繋がるように気を使っていたりはしません。
勿論読まなくても文章が繋がるケースもありますが、
正直そこら辺を気にして書いていられないといったことがありますので、ご理解下されば幸いです。

最後に、これも先程出させて頂きましたが、
AAや顔文字も機会に応じて使っていこうと思っております。
耐性がない方はご注意下されば幸いです。






とりあえずはそんな所でしょうか。

では最後になりますが、既にここまで読み進めて下さった方にはお分かりでしょうが、
基本的にこのブログでは2行3行で終わるようなこともかなりの長文になる事が多いです。
これはこのブログにおいては述べたいことを出来るだけ一つ残らず書こうという
リアルでは口べたな私の一つのポリシーみたいなものが含まれているのですが、
そういった意味で長文耐性が付いていない方は特に読みづらいブログになっております。

ご理解下さると共に、末永くご愛顧下されば幸いです。



それでは、ごゆっくりお楽しみ下さい。




尚この記事は予告なく加筆修正してゆきます。
また、説明記事でございますのでコメントは受け付けない設定にさせて頂きます。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。