--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は石川啄木先生に喧嘩を売っていたのだろうか。

06:12


紅葉。

それは見目麗しき木々の旋律。
新緑の季節に腕を広げ、精一杯太陽の光を浴び続けた木の葉が織りなす、最後の美。
その紅や黄金に彩られし様に、我々は唯々感嘆の吐息を漏らすばかりである。

紅葉は、美しい。
徐々に色づいてゆく、その過程に生まれるグラデーション。
全てが色づいた後の、その圧倒的な色の一体感。
それらに光が当たるときに見せる、神々しいまでの色の変化。
一陣の風を受け落ち行く時でさえ、はらはらと可憐な姿を見せ、
落ちて尚、素晴らしい色彩の絨毯を辺り一面に広がらせる。
その挙動全てにおいて、紅葉は美しい。

では、何故紅葉は美しくなれたのであろうか。
葉を散らせた風の所為?
ただひたすら照らし続けた日の光の所為?
そうではない。
木の葉が木の葉らしく生まれ、散りゆくことが出来たのは、土のお陰である。
何故ならば、土から栄養が吸収されなければ、葉は紅葉に行き着くことなく、
唯々枯れ葉となり虚しく散ることになるからである。
幹がただひたすら土から送られる栄養素を葉に送り続けたからこそ、
葉は最後まで紅葉という美を飾り、その生命を全うできたのだ。

色づいた葉は散り、土に還る。
土に還り栄養素となり、また次の木の葉を色づかせる。
そうした紅葉の『次の意志』こそが、木々をまた色づかせる。
そのサイクルがあるからこそ、我々はこの季節に紅葉を楽しむことが出来る。

色とりどりの木の葉は、見るものを圧倒するほど優美なものである。
だがしかし、そこに目を奪われたままでいるのはよろしくない。
土があり、木々があり、葉があり、その一連のものもの全てを見つめることこそ、
紅葉という美を愛でる為に必要な行為なのではないだろうか。
貴方がそのことを忘れ、
土の下の意志を蔑ろにしたまま唯々頭上で色づく葉を愛でるのならば、
何れ木の根に躓いて転げてしまうかもしれない。




あんたは一体何が言いたいんだって話ですが。

つまりあれですよ、足下を疎かにして遙か彼方を見てると転けちゃうよって話なんですよ。
え?誰に対して言いたいのかって?

私です。

どうもこんばんは、多忙な身の卯月遥で御座います。
ええ、その多忙を引き起こした原因が私にあると重々承知しております。
承知しているんですが、どうもなんというかやっぱり遠くを見ちゃうんですよね。
遠くを見ちゃって今やってることがあんま意味ないんじゃね?とか思っちゃうと
俄然やる気を無くしちゃうんですよ。仕方ないじゃない!

まあリアルを詮索されないための抽象的な表現で本当に申し訳ないのですが、
そういったのっぴきならない事情が御座いましてやっぱりブログが更新出来ない状況です。
11月上旬に更新!とか言ってたんですけどねえ中編…。本当に申し訳ない限りです。
隙を見て学園祭レポだけでも出来る限り早く終わらせていきたいと思うので、宜しくお願い致します。
このレポに限り、来年に回すつもりは一切ありませんので。



で、えーっと、冒頭のこれまでのwander gardenにあらぬ文調は一体何なんだという話ですけれども、
本日寝る前にツイッタを見ておこうかと思って見たのですよ。
そうしたらですね、とある方のツイートでこんなものが紹介されていたのです。

どうやら聞くところによると自分で書いた小説を入れたら
全部同じ評価になってびっくりしたとかあったので、
ほーこれは面白い、私もちょっとやってもらおうか!と言うことで
早速wander gardenの文章をガスガス入れてみることにしました。

ケース1:wander gardenに対する重要なお知らせ
冒頭:ハロウィンイベントのシトルイユってわかりますか?

一致指数ベスト3


名前一致指数リンク
1寺田寅彦58Wikipediaamazon.co.jp
2有島武郎53.9Wikipediaamazon.co.jp
3浅田次郎53Wikipediaamazon.co.jp

一致指数ワースト3


名前一致指数リンク
1阿川弘之18.9Wikipediaamazon.co.jp
2石川啄木22.6Wikipediaamazon.co.jp
3吉川英治22.8Wikipediaamazon.co.jp

文章評価


評価項目評価とコメント
1文章の読みやすさE一文が長い
2文章の硬さE文章が柔かい
3文章の表現力Aとても表現力豊か
4文章の個性Aとても個性的



( ゚д゚)ポカーン

あんなへんちくりんでしかもバリバリECO話な文章に
類似する人がいたと言うこと自体なんかもう驚きな話なのですけれども、
それよりも何よりも私文学史というものが大の苦手というか
本気で覚える気が無いというかそんな感じだったので、
知っている文豪さんが石川啄木さんしかいないと言うそんなわけだったのですが
どうやら石川啄木さんと私の文章は似ても似つかないようです。

はい、モニターの前の貴方、人生に全く必要無い雑学をまた一つ覚えてしまいましたね(違
ていうか、表現力と個性で最大評価を頂いているのが凄く申し訳なく思うのですが、

文章の読みやすさ→一文が長い

うるさいよ、うるさいよ!!(((

そうやって書いているんだから仕方ないでしょうバーカバーカ!(((
文章が軟らかいのもそうやって書いているから仕方ないでしょうバーカ(ry



まあ、どんどんやっていきましょうか。まだまだ長文は書いてきておりましたしね。


ケース2:撮影とは、その瞬間一瞬を切り抜く魔法のことである。
冒頭:長らく放置していまして申し訳ございませんでした。卯月です。

一致指数ベスト3


名前一致指数リンク
1松たか子76.9Wikipediaamazon.co.jp
2海野十三73.9Wikipediaamazon.co.jp
3大宅壮一73.5Wikipediaamazon.co.jp

一致指数ワースト3


名前一致指数リンク
1岡倉天心39.2Wikipediaamazon.co.jp
2橋本龍太郎49.7Wikipediaamazon.co.jp
3吉川英治51Wikipediaamazon.co.jp

文章評価


評価項目評価とコメント
1文章の読みやすさC適切
2文章の硬さC文章がやや柔かい
3文章の表現力Aとても表現力豊か
4文章の個性Aとても個性的




えーっと、文章評価は先ほどより上がっている点についてはもう放置するとして
今回の文豪さんは若干知っている方もおられますね。
ええ、おられるというか

橋本龍太郎さんは文豪と言うより元総理大臣ですよね?
そして松たか子さんは文豪と言うより
むしろ女優ですよね?
あれですか、この書き方のまま続けていったらむしろ
総理大臣から遠ざかって演技が上手くなるんですかね?
なにがですか(

ちなみに松たか子さん、本は実際に出版してはいるようですね。
松のひとりごと(2003年、朝日新聞社)
うるさいですね!どうせwander gardenなんて私の独り言ですよ!!((((


ケース3:第8回四葉庭博レポート・通常営業版
冒頭:突然ですが、私は早口言葉が苦手です。

一致指数ベスト3


名前一致指数リンク
1石原莞爾73.5Wikipediaamazon.co.jp
2松本幸四郎72.3Wikipediaamazon.co.jp
3麻生太郎71.6Wikipediaamazon.co.jp

一致指数ワースト3


名前一致指数リンク
1岡倉天心43.2Wikipediaamazon.co.jp
2福沢諭吉50.7Wikipediaamazon.co.jp
3石川啄木52.6Wikipediaamazon.co.jp

文章評価


評価項目評価とコメント
1文章の読みやすさE一文が長い
2文章の硬さD文章が柔かい
3文章の表現力Aとても表現力豊か
4文章の個性Aとても個性的



今回も評価はほっぽりなげておくとして…というか、かなりの文章を入れたんですが、
ある記事除いて全てに表現力と個性でA判定を貰ってしまっていて
何か申し訳ない気分バリバリなわけですが、それはともかくワーストの方。

この日本で諭吉さんから嫌われたら本気で路頭に迷うんですが。
諭吉先生生意気働いてしまってすいませんでしたえへへえへへ(
いやはやほんと人生金ですよホント(?

後、一致に麻生さんが入っているのは何故でしょうかね。この人もまた元総理大臣なんですが(
それと松本幸四郎さんが入ってるって事は
やっぱりなんか私松たか子さんといい松本ファミリーの文体に似ているんでしょうね。
うれしいのかうれしくないのかよく分かりませんけれども。ええホントよく分かりませんけれども。


ケース4:Valentine happening
冒頭:と嘆きながら私は今このうだるような暑さの中、

一致指数ベスト3


名前一致指数リンク
1松本幸四郎75.8Wikipediaamazon.co.jp
2海野十三73.8Wikipediaamazon.co.jp
3江戸川乱歩73Wikipediaamazon.co.jp

一致指数ワースト3


名前一致指数リンク
1岡倉天心43.6Wikipediaamazon.co.jp
2阿川弘之45.6Wikipediaamazon.co.jp
3吉川英治47.9Wikipediaamazon.co.jp

文章評価


評価項目評価とコメント
1文章の読みやすさE一文が長い
2文章の硬さD文章が柔かい
3文章の表現力Aとても表現力豊か
4文章の個性Aとても個性的




クロスオーバー企画の文章も入れてみました。
と言っても企画で少々文体が物語風になっているにもかかわらず、
合致も不一致もあまり変わらない様子ですね。
唯一変わったのが江戸川乱歩先生でしょうか。

いやあ、これでも小学生の頃は本の虫所の騒ぎじゃない事で有名な子供でしたからねえ。
読書週間とかで断トツの読破ページ記録をもっていて密かな自慢でした。
あー、そういえば読書の秋としてそんな企画やってたと考えるとちょうど今頃だったのかな…。
と言っても、その殆どがルパンシリーズと明智小五郎シリーズだったんですけどね(
その明智小五郎を書いていた江戸川乱歩さんの文体だーとかいわれると
何か本当に影響があったのかと思っちゃうじゃないですかヤダー(?
蜘蛛男とか未だに内容うっすらと覚えていますねえ…。
ちょっとキチガイな内容だったことも覚えていますけれど(



さて、それでは私がwander gardenを書いてきた中で、
一番本気というか本腰を入れて書いていた文章もちょっと入れておきましょうか。
私の本来の文体ともまたちょっと違うんですけれど、さてどうでますかね…?


ケース5:卯月君、最近頑張っているそうじゃないか。
冒頭:けたたましい携帯の目覚ましによってたたき起こされた私は、

一致指数ベスト3


名前一致指数リンク
1浅田次郎83.1Wikipediaamazon.co.jp
2松たか子82.5Wikipediaamazon.co.jp
3大宅壮一82.2Wikipediaamazon.co.jp

一致指数ワースト3


名前一致指数リンク
1岡倉天心49.1Wikipediaamazon.co.jp
2伊藤正己60.4Wikipediaamazon.co.jp
3岩波茂雄60.4Wikipediaamazon.co.jp

文章評価


評価項目評価とコメント
1文章の読みやすさC適切
2文章の硬さA適切
3文章の表現力Aとても表現力豊か
4文章の個性Cやや個性的



ミスしてしまった記事への言い訳記事ですね。
実際この文章の企画と内容はシャワーを浴びているときに思いついた訳なのですが、
やっぱりなんか個性は少し失われるようです。
むしろ他の文章が変な意味で個性でまくっているだけなのでしょうが(
文章の硬さは思った通りといったところでしょうか。

で、一致不一致も殆どあまり変わっていないのが驚きと言えば驚きです。
私の文体とは少し変えてかいてはいるんですけどね、企画的に。
やはり言葉の端々とかで滲み出てしまうものなのでしょうかねー。
まあ岡倉天心さんって、お雇い外国人としてフェノロサさんとかと一緒に来た人でしたよね確か。
流石にそんな人と「冷蔵庫のドアを閉めたファンタウメェ」とか言う文章は
物凄く文体がかけ離れてると言われればそれはそれで納得ですね(?




さて、そう言ったわけで、ここまで来ればもう
冒頭の文章の意味というものがお分かりになられたかと思います。

そう、私の全力を出し切って、wander gardenで書いてきた文体とは
全くかけ離れた文章を書いてみたらどうなるのか。
その為だけにこの記事が書かれたと言っても過言ではないのかも知れません。
ええ、そんな事しているんだったらレポートをさっさと書けと言われても仕方ないんですが
レポートって最低6時間ぐらい掛かる精神力かなり使うものなんですよねえ…。
毎度毎度広告防止のおなざりな記事を更新するのも凄く申し訳ない気になっていたので、
ちょうど良いかなと思って書いてみた次第なんですええ。
ちなみにこの記事総作成時間は2時間ちょいです。尚、私の本日の睡眠時間はありません。



では、結果を見てみましょうか。


ケース6:私は石川啄木先生に喧嘩を売っていたのだろうか。
冒頭:紅葉。それは見目麗しき木々の旋律。

一致指数ベスト3


名前一致指数リンク
1中島敦88Wikipediaamazon.co.jp
2徳冨蘆花83.9Wikipediaamazon.co.jp
3北原白秋83.4Wikipediaamazon.co.jp

一致指数ワースト3


名前一致指数リンク
1岡倉天心50.6Wikipediaamazon.co.jp
2三木清57.7Wikipediaamazon.co.jp
3寺田寅彦59.7Wikipediaamazon.co.jp

文章評価


評価項目評価とコメント
1文章の読みやすさAとても読みやすい
2文章の硬さB文章がやや硬い
3文章の表現力Aとても表現力豊か
4文章の個性B個性的



思った以上の高評価。
でも評価の下にある偏差値は他の文章と全く同じで、
ひらがな以外は見る影もなく赤点という結果になっているので割愛します(

あんぽんたんな私でも一致の三人は聞いたことのある方々ばっかりですね。
だれもかれも文学史で重要な人たちばかりです。ヤッタネ!
唯単に文体が似てるってだけなんですが。

で、これまで合致のランクに出てきていた寺田寅彦さんが不一致の方に。
これはこれで驚きですねえ。全く正反対の文章を書けたって事なんでしょうか。
まあ一概には言えないでしょうけれどもねー。




うんまあしかし、ああいった文調で書くのは色々と手探りで大変でした…。
なんかもう変換自体が
戦慄 とか
高位 とか
駄菓子菓子  とか
ワレワレハウチュウジンダ  とか出てきてもう私ホント酷いなと(



そういった感じで、今回は面白そうなものを見つけてみたので
wander gardenで遊んでみた次第です。
ついでに私が言いたかったことは
全部注釈みたいな文章に突っ込めたかなと思うので満足です(


そんなわけで、色々と多忙で更新が滞っておりますがご了承下さい。
という広告防止記事でした。



コメント

  1. Re: 私は石川啄木先生に喧嘩を売っていたのだろうか。

    >削除記事のフレイジアさん

    ありがとうございます…。
    ホント毎度気に掛けて下さっているのに実の入った更新が出来ず申し訳ないです;;

    ヒトトセネタは一応終わらせましたー。
    カレールーを売るような事をしていたらいきなりフュージョンハッしてしまって
    性格が全く違ううるるとさららが出来上がったというイベントのことですよね?(

  2. Re: 私は石川啄木先生に喧嘩を売っていたのだろうか。

    わたしも「分隊死んだんタマゴーン」やってみたよ!!
    面白かったよ! でも作家さん知らない人ばっかりだったよ……。
    ブログの方で記事にしてみたよ! よ!

  3. Re: 私は石川啄木先生に喧嘩を売っていたのだろうか。

    診断なのか死んだのかあれですよね(?
    作者さんは基本誰それですよねええ…。
    ただまあ似てるよって言われた作者さんの本を
    今度書店で立ち読みしてみようかなあとは思っておりますけどね。
    そして「こんなの書けるかーーー!」っていって
    バチーンと投げる羽目になるとは思うのですけれどもね(?

コメントの投稿

スパム防止のため、httpと大手サービスのアドレスを禁止語句に指定しております。
(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。