--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SP旅行記 第0話 『ありえんかった』

09:59


ありえん。

嗚呼、なんという素晴らしいものなのでしょう、『ありえん』と言う言葉は。
自分のキャパシティを大きく超えた物事に遭遇したとき、
その言葉を発するだけで自分の心が保てます。
ああなんて素敵なんでしょう。ありえん、ありえん、ありえん(笑)

まぁ元ネタはこれで、最近また見てから結構口癖になっただけなのですけれども、
ともあれこれはこれと双対をなすDQ動画の傑作だと個人的に思っていたりします。
凄く長い動画ですが、興味のある方是非一度。


ともあれ、ありえんのですよ。ほんとーにありえなかったのですよ。
なんでこー私が旅行に行くとアクシデントに見舞われ続けるのかさっぱりわからんのですよ。
>まぁ正直ツアーなのでそこまで面白い出来事は起きないでしょう。(あ、これフラグかも
と前回の記事でフラグ作るまでもなかったんですよ。ええ本当に。

思えばフランスに行ったときも、前に紹介させて頂いた詐欺エピソードの他に
あのヴェルサイユ宮殿を観光してたら急に
『建物内で爆弾らしきものがあったのですぐに避難して下さい』
とかいう放送が流れてうひゃあこれはひどいとか思いながら避難したらですよ。
『実は訓練でした てへっ』
ですよ。意味わかんないですよ。ありえんですよ。
そりゃあ不慮の事態に備えてそういう訓練は定期的にやる必要はあるとは思いますけど
それをなんの告知もなくやるというのはどうかと思うというか
たまたま居合わせただけで時間を費やされた観光客になんの謝罪も保証もないとか
どーなつてるのーこのしまはー この国はと思いましたよホント。ほんとありえん(笑)
さらにヴェルサイユ宮殿最大の見所鏡の魔は修復工事中で変な布貼られてて
どこがラーの鏡なのか桃屋の鏡なのかさっぱり分からずに帰ってくるとかもうね、ほんとありえん。
さらにさらに、その避難訓練のおかげで当初の予定が大幅に狂って、
あのあこがれのオーシャンゼリーゼー通りがなんと
『自由時間5分でおねがいしまーす』
ですよ。ありえん、まじありえん、ホントマジありえん(笑)
凱旋門上るどころか観光じゃなくただあの通りを歩いただけで終わりですよ。
折角あそこのマック食べてみたかったのに全て計画がパーですよ。意味不明ですよ。ほんとありえんですよ。
なんかもうフランス旅行の回顧だけで
1記事ぐらいラクに書けちゃうぐらいあり得ん自体起こり杉なんですよええ。
さらには特定の方には話したかも知れませんが、
私パスポート忘れて海外ツアーキャンセルしたこともあるんですよ。
ほんとありえんですよ。行く前から門前払いですよ。
これはまぁ自業自得なんですが本当にアクシデントが起こらない旅行がないんですよ。
もーまさに今思い出すだけでもありえん(笑) 本当にありえん(笑)
大体………(以下省略)



はぁ…はぁ…。
ま、まぁともあれ、フラグなんて自ら立てなくても既に立ちまくっていたんです。
酷い目にあったんです。ほんとありえなかったんです。



もうね、これをネタにしなかったら、本当に浮かばれませんから………私が。





既に特定の方からは様々な手段で出迎えられて感謝感激なのですが、
とりあえずこの場でも改めて。

只今です。

日本の恥と知りながら帰って参りました。 げほごほ



前回の記事の通り、22日より1週間ちょいですか。
スペイン、そしてポルトガルの方へツアー旅行に行って参りました。
で、冒頭でもお伝えしましたが酷い目に遭いました。乾いた笑いが止まりません。

さて、一体何が起こったのか。それをいまここで公表するのは止めておこうと思います。
つまりはもったいぶります(何

今回の旅行で、私デジカメを持って行った訳なのですが、
帰ってきて確認したところ、1206枚撮影しておりました。
プラスして、容量が足りなかったので旅行先で消したのが大体500枚ぐらいでしょうか。
平均すると、1日あたり大体200枚ぐらい撮ってきたということになるみたいですね。

ええ、ご覧の皆様には既にお分かりのことと思います。
不肖この卯月遥、総力を持ってこのスペインとポルトガルでの旅行、一から十まで書いていこうと思います。
その流れの中で、見舞われたアクシデントやトラブルに関して順を追って書いていこうという魂胆な訳ですね。



さて、この旅行記を執筆するに当たっての注意事項を、この記事では予め述べさせて頂こうと思っております。




まず初めに、当ブログwander gardenは基本庭情報に関するブログでありますから、
この記事を入れて10記事を予定しているこのスペインポルトガル旅行記、略して『SP旅行記』。
えーそこ、略称があまりよろしくないとか言わないように。
スペガルとかスポルとかもっと酷い略称候補があったんですから(
ちなみに帰りの飛行機までは『スペポ旅行記』とする予定でした。うはぁ凄くかっこわるい!

話を戻しますが、本当に若干数庭に関する事柄が出てくるものの、
基本的に庭やイベントレポートなどと全く関わりのない記事になる予定であります。
予めそれを踏まえた上で、
それでも下らない記事につきあってやるかと思われた奇特な方のみ、閲覧なさるようにして下さい。
何度も言いますが、基本ECOと関わりがない記事になります。
ECOの記事を見たいと思われる方は、別途カテゴリから他記事を閲覧なさるようお願い致します。





続いてですが、あくまでも『卯月遥』というフィルターを通したものにはなりますが、
今後スペインやポルトガルに行く予定のある方で事前に調べたくないと思われている方は、
十分注意するようお願い致します。俗に言うネタバレたっぷり記事です。

え?普通事前学習みたいなことやるもんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
私どーーーーーしても学校でやったあの事前学習って奴が嫌いでして、
特に海外旅行に関しては、何も調べずに行きたいと思う質なんですよね。
ちなみにこの後述べますが、今回も殆ど何も調べずに行っていたりします。
これは私だけではないと思うので一応。


関連するのでもう1点。

私は海外旅行、つまり観光目的で海外に行く際、『差異点』と言う物を非常に重視する傾向があります。
自分の身の周りとの『差異』を目で感じ、肌で感じ、舌で感じる。 (耳と鼻さん涙目ですが
それが私にとっての旅行の醍醐味だったりします。

また、私としてはそれが色濃く表れるのが各都市の小道、だと思っているんです。
これは追々その写真を見て貰えればもしかすると分かって頂けるかも知れませんが、
ともかく小道ばっしゃばっしゃ撮影しておりまして、惜しげもなく載せていきます。ご注意を。

まぁつまりは、普通の旅行客さんとは少々ずれた観点で旅行を楽しむ私が執筆する旅行記です。
普通の方から見れば、所謂歪んだレンズで物事を見るような感じになってしまうかも知れません。
予めご了承下さいな。




そして、こんな辺鄙なブログでこれを日本語で書いても意味がないというかそんな感じなのですが、
顔などが写ってしまった方でもしそういうものがNGであった際は、一言頂けると幸いです。

基本私は人を撮す、所謂記念撮影みたいな写真が好きではなく、
「なんで体で背景を隠してまで人入れて撮るのかさっぱり分からない」と豪語する人間なのですが、
観光地は人がいなくなることがない場合も多々ありますし、割り切って撮影することもあったりします。
そういったケース等にて偶然映り込んでしまった場合でNGであった場合、
音速を超える速さで修正させて頂きますので。

えーと、1回もしくは2回、故意的に人物を写したんです>< と記述する予定の箇所がありますが、
あくまでも冗談でありますので真に受けないように、予めお願いしますです。





最後に一つ、これから書いてゆく事柄は直後に顔文字や『(嘘』などで打ち消すか、
その文に斜線が入ってる、所謂このブログでの『冗談』という類の物を除き、
全てノンフィクションの事柄になります。
つまりは実際にこれらが起こったんです、ホントよホントって事です(




さて、これらのことを踏まえた上で旅行記の方を始めていこうかと思います。

尚、ここで補足しておきますが、当方物凄く記憶力がありませんので、発言の端々が違っていたり、
紹介した建造物の名前や説明等が違ったりする場合が多々あると思います。
その場合、訂正したり生暖かい目で見守ったりして下さると幸いです。

後ですね、今回の旅行記の大まかな全体像ですが
今回の旅行の後半に数々のアクシデントに見舞われたんですね。ですから
・シリーズの前半は上に上げた『差異点』と言う物が多く出てくる、写真や説明主体の記事になり、
・シリーズの後半はアクシデントをおもしろおかしく書いてゆくエンターテイメント性が強くなる
となるであろうと予想しております。
つまりかみ砕くと、前半より後半の方が恐らく面白いかと思われます、と言うことですな。
前半は単調になってしまうかも知れませんが、気長につきあって頂ければ幸いです。

一応予定としては2週間程度で全てを書き上げる予定ではいるのですが、やはりこれもどうなるか分かりません。
年内に書き終わらないかも知れませんので、そうなった場合でも石を投げないで下さいね(
ああっ、ポニテはヤメテー!




ではでは…なんだかもうちょっと書くべき事があったような気がしなくもないのですが、
まぁそれは追々本記事にて書いていけばいいかなということで…

始めていきますよ!




次の記事から!



        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄


今回は前書きまで。




それでは次回予告!



飛行機の中で優雅にファンタを飲み出す卯月遥。
ええっ!?没収されなかったの!?

そしてこれから始まる旅行に胸を躍らせていた…訳ではなく、
悪い予感をひしひしと感じていたのだった…!

「何事もなく終われるだなんて、思えるはずがない…!」



次回 SP旅行記第1話

『運命』



「こ、こえーところだべさスペイン…!」



近日更新予定、お楽しみに!





注:近日更新予定と言う記述は、基本的に2,3日で書く予定ではあるのですが、
場合によっては即日書き上げたり何週間も滞ったりするために
なんか曖昧表現にしておけばいいやーという安直な考えによるものです。
…ああっだからポニテはっ!




追伸:第1話更新しました。



コメント

  1. Re: SP旅行記 第0話 『ありえんかった』

    とりあえずこちらでもおかえりーーー!
    何が起こったかは今後の記事を楽しみにするとして、まずは無事帰国おめw

    事前学習無しで現地からの情報で楽しむのもひとつの楽しみ方だとは思うけど、
    KOEIの「大航海時代」シリーズのファンとして(オンライン以外は全部やった。続編超希望)は、
    ポルトガル・スペインは憧れの場所だったりするのでレポ楽しみです。
    ちなみに中学高校時代に初代にはまった為、テストでスペインをゲーム内表記の「イスパニア王国」とか
    「コロンブス」をゲーム内表記の「クリストファー・コロン」とか書いてしまったり、
    特産物を大航海時代当時のものしか覚えてなかったという弊害がでたりしましたがそれは余談。

    大変だろうけど楽しみにしてるぜ、へっへっへっへっへーw

  2. Re: SP旅行記 第0話 『ありえんかった』

    お帰りなさいませ~
    なにやら色々あったようでお疲れ様です^^;
    でもそのお陰で2ヶ月くらい旅行記を楽しめると思うとネタ万歳ですね~♪(マテ

    写真は私も基本的に背景だけ撮りますが、絵画なんかは人も入れて撮ると
    場の雰囲気が出て良い感じになりますね~
    そして毎回400枚×日数くらいの枚数を…orz(ヨーロッパの小道って良いですよね><)

    何はともあれ、続きを楽しみにしてますね~
    大変でしょうががんば~です♪

  3. Re: SP旅行記 第0話 『ありえんかった』

    >後にどこかのショップの写真で出てくるPNDさん
    文脈が微妙に変です!(
    と言うか私は大海賊時代しかしりません!(

    当初の予定の2週間が果てしなく遠い目標になってきた事を実感しつつ頑張りまする…。
    ところでスペインは実際イスパーニャが正式名称なんじゃ…。

    >四葉の方さん
    ええもうそれはいろいろありました…。
    当初の予定では2週間だったんですが、もしかすると二ヶ月かかるか…m…

    そうですねー。人が入っているとなんだか美術館ーってかんじがしますよねw
    …プラド美術館撮影禁止で超涙目だったんですが!!
    もうホントにヨーロッパの小道素敵ですな!でも400枚は参りました!(ぁ

    いそいそと執筆しておりますので、もう少々お待ち下されば幸いですー。

コメントの投稿

スパム防止のため、httpと大手サービスのアドレスを禁止語句に指定しております。
(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。