--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩度

07:48


エッグカッターの弦を指で弾いてハープのように奏でちゃうのが、子供の頃の密かな楽しみでした。

エッグカッター……あの卵を輪切りにする調理器具のことですが、
プラスチック製で、丸みを帯びたフォルムに琴糸のように鉄線が並んでて。
円形状なので、鉄線の長さは外側から内側に掛けて長くなっていますから、
端から弾いていくと(洒落)高い音から低い音へ。そしてまた高い音へと音色が変わるわけですね。
これをリズム良く弾くと、調理器具とは思えないいい音が鳴るんですよねー。カン、カンカンコンコンコンコンカカカカン!
あ、ちなみに弦の数が奇数がベストですね。偶数はちょっと中心部分の音色のパンチが足りなくなるので。

えー、ちなみに、輪切りにされたゆで卵は幼少期あまり好きじゃありませんでした。
小さい頃はノーやったまなんです!OK!?ノーやったま!!テストに出ますよ!!


そうそう、音色と言えば……階段、ありますよね。
階段も、手すりが設置されている部分がコンクリートの壁になっているものと、
鉄の柵になっているものとがありますよね。
で、その鉄の柵の部分を傘で「カカカカカカカカン!」って弾くといい音するんですよねえ!
階段って吹き抜けになっていたりしますから、良く音も響いてね。
両親からはよくやめろと怒られましたけど、まーやめるわけないですね。

目に映るものの中で何をどうやって玩具にしてやろうか。
そういったわくわく感、ちいさいころは本当に強かったです。



新しいオンラインゲームに初めてログインする時も、似たような心持ちだったりします。
目に映るものすべてが鮮やかで新鮮で。どこに着眼すれば楽しめるのか。視点を変えキャラを動かしきょろきょろしてました。

それから、月日が流れて。







5月15日。
515事件と奇しくも同じ日に起こったECOサービス終了告知。通称ECO15事件……なんでもないです(❀╹◡╹)
その日から今日で早5日となりました。

しかし、周りの人々も、幾分気持ちの整理自体はついた人が大勢見受けられたのですが、
今度は半ば整理がついた故か、何らかの行動を起こす人が増え、
告知日とあまりかわらない慌ただしさが続いているように思います。

かくいう私も、普段は殆どログインしなかったにも関わらず、2日連続のログインを果たしました。ヤッタネ!
まるで家を出て会社に出社するまでを逐一速報でテレビに報道されるかって事ぐらいみみっちい事なんですけどね!

ただ、結局それも、アクロポリスをぐるりと回ったり途中放置したり、あるいはブログ更新用に多少SSを撮ったりしただけで、
あんまり活動もしないままログアウトをしてしまっていたのですが。


と言うのも。
告知を見てからというもの、ECOをプレイする際に、何だか釈然としないものにずっと苛まれていたからなんです。
ECOが終わる事に悲しんでいるわけではないんです。もちろん喜んでいるわけでもないんです。
ただ、アクロニアで目に映るものすべてが、何だか現実味を帯びていないかのようで。
ECOの世界は、今までとは何か違った世界に見えていました。

……もちろん、実装しているものやシステムになんの代わりもありません。
ただ、ECOの世界を覗く私の目が、おそらくもう、今までとは違う物の見方でしか見れなくなってしまっていたんでしょう。
街並み。NPC。街ゆくパートナーたち。
それらすべてのものが、セピア色になったかのように思えたんです。



黄昏の世界2



それは言うなれば。
黄昏の世界……とでも言うべきなんでしょうか。

明確な、終わりへのカウントダウン。
その時を刻む数字が、頭に焼き付いてしまって。
すべてのものが、ふわりとしているというか、存在が揺らいでいるというか……
ともかく、何を見ても、悲しみにも似た何かに苛まれるようで。

でも、実は本当に悲しいわけではないんです。
例えば、廃墟を見た時。
何だか空虚で、でももの悲しくて、なんかそんな表現しがたい感覚に囚われることはないでしょうか。
あの感覚に近しいんですよね。
そんな感情が、ずっとつきまとっていました。



黄昏の世界



フリージア鯖でも、告知日の夜は随分と賑やかでした。
特にギルド元宮前はたくさんの人々が、イベントも何もなく、申し合わせも何もないのに、
心を一つにするためでしょうか。集まって、祈りのキャンドルを手に持っておられました。
それはそれはすごい人の数でした。

でも、私にはその人だかりを、現実味を帯びてないもののようにしか見れなくて。
「重たかった!」なんて言い訳をしながら、逃げ出していました。
何で逃げ出さなきゃいけないのかも分からないまま。


私は、自分自身が良く分からなくなっていました。


スポンサーサイト

桜の世界

19:43


家の近くに、世間的には無名ですが割と立派な桜並木がありましてね。
正直桜の名所で有名なところにも引けを取らないぐらい綺麗でして、それ故に私は花見とかっていう行為をわざわざするのはあまり気乗りがしないというか、別に取り立てて見に行くようなものじゃないなって個人的に思ってたりしまして。騒がしいのは苦手ですし、仲間内で集まるなら外でなくてもいい。桜はもちろん好きなんですけど、わざわざ労力を掛けて見に行かなくとも、帰り道にちょっとそこに寄れば十二分に満喫出来る。そんな感じです。

ただね、ナンダコノヤロー!そんな良い立地の所に住みやがって!リッチ!立地がよくてリッチ!!!みたいな洒落を噛ます前に、まずは落ち着いて話を聞いて頂きたいのです。まず私はリッチじゃないです。違う。綺麗な桜並木が近くにあったからといって、花みて終わりってわけじゃないって事なんです。


まず並木とはいっても舗装されてたりするので、道端にレジャーシート引いたりして座り込んでる人とか、何故か一人だけ5時集合の人が寝っ転がってゲームしてたりとかは幸いにもないんですが、問題は花が散った後。まず花びらが地面に落ちてぐちゃぐちゃになります。わぁーさくらのじゅうたんやーみたいなお花畑的感じじゃないです。ぐちょぐちょに踏まれて道路が茶色から焦げ茶色に変色します。所々ピンクが残るのがさらに道をカオス化させて、ホントいたたまれない感じ。

そして……その後にやってくる地獄。毛虫です。あのですね、並木の下一面、小さく黒い点がおびただしい数広がるんですね。何かというと、毛虫の糞です。やばい。この時期になるとこんな地獄のような並木を通ろうとはまず思いません。通っているのは、まだそれがフンだと気づいていないナウなヤングな頃の私みたいな人か、なんかもう割り切っちゃってる人か。ちなみに毛虫本体も良く落ちてます。キモイ。

でも、今度はそれが過ぎると、新緑の季節がやってきます。しっかりとした緑じゃないんですね。まだ若々しい、若干日の光を透かしたかのような若緑のアーチ。優しい優しい緑の木漏れ日が降り注ぐ並木を歩けば、風が優しくそこを通り抜け、心地よいサワサワとした音色が聞こえてきます。丁度その頃には花粉もピークを過ぎているので重度の花粉症の私も深呼吸可になりますし、本当に心地よいんですよねー。普段花見だーうおーなんて言って桜の花びらだけ見て帰っていく人には気づけない、もうひとつの良さがこの葉桜にはあると思ってます。


ね。桜自体は本当にパッと咲いて、パッと散っちゃって。それはそれで本当に本当に溜息しか出てこないくらい綺麗なものなんですけど……それだけが桜かって言われたら、私はそうじゃないって思うんですよ。新緑の葉桜。秋の色づき、舞い散る落ち葉、そして冬の寒々しい姿に……一時の地獄絵図まで。やっぱりあの花の先にあるものまで含めて、桜なんじゃないかなーって、私は思ってるんです。








……。

オンラインゲームとは泡沫のごとき儚き世界だ……と言ったニュアンスのことを仰っておられたのは、相互リンクを張らせて頂いているブロガーさんの言葉でしたか。
確かに、その通りだと思います。

特に、プレイヤー自身でゲームの存続や終了を決めることが出来ないと言う点において、この世界はいつ壊れるか、シャボン玉のように割れるか分からないという恐怖にさらされていますし、よしんば運営会社が盤石だとしても、いつかは絶対に消えゆく事が決まっているという点を見れば、夢に等しいと言っても過言ではないのかもしれません。
だから、たまたまそれが今日だった。そんなことにしか過ぎないんでしょう。本来は、きっと。
そして、人の一生に比べたら、オンラインゲームが始まって終わるまでなんてあっという間です。花火のように、ドンと咲いてパッと散る。たまったまECOはちょっと長めの12年続きましたけど、それでも人生に比べたら花のごとき短き一生であることに変わりはないんでしょう。


じゃあ。
その夢のごとき、泡沫のごとき世界の中で起きた事柄に、果たして意味はあるんでしょうか。
あっという間に無為に散る、花の如き世界がそこにあったことに、意味はあったんでしょうか。


あった。必ずあった。
まあアニメの主人公とかはこう断言するんでしょうね。
でも私は別にアニメの主人公でも特殊能力が使えるわけでもあいわずぼーんまいそーって唱えてればめっちゃ剣作り出せるわけでもないので、正直に言います。

分かんない。

分かんないです。
ECOというオンラインゲームに意味があったのかどうか、私にはまだ分からないです。
そもそもそれってプレイヤー一人一人がそれぞれ意味を見いだしていくものだと思いますし、私が全体についてどうこう言える立場にはないです。
そして私という一個人として意味があったのかどうかについても、まだ分かってないんです。



でも。
今はまだ分からなくとも。
そこに何かしらの意味は見いだしたい。
いえ、実はもう落ち着いて振り返って一個二個ぐらいは見いだしているんですけど、そんなんじゃ足りない。全然足りない。
もっともっとどんどんじゃかじゃか見いだしたい。
『他の人はどうか分からないけど、少なくとも私には、ECOという世界が存在したことに意味はあった
そう言い切りたい。



桜のように美しいが、止める間もなく散ってゆくのがオンラインゲーム。
花が美しいのは当たり前。
でも花だけ見て帰る見物客にはなりたくない。
嫌なこともたくさんあった。ECOがなくなった寂しさとか喪失感も当然ある。その地獄のような並木すら踏みしめて乗り越えて、私は葉桜の良さをも気づきにいきたい。
あわよくば、私だけでなく、他の人たちがそれぞれの葉桜を見つける手助けもしたい。


そんなわけで。


わんだーがーでんかんぱにー。
「エミル・クロニクル・オンラインの魅力を独自の視点でお届け」するというこのブログですが。
ECOサミットに初参加した前後から殆ど記事らしい記事も上げず、本当に申し訳ございませんでした。

ひとまず今日よりブロガー復帰をし、
ECOサービス終了まで、不定期更新ながら記事を上げていければと思っております。





とりあえずそんな告知をさせて頂きましたが。

以下、追記にて、自分語りが割と苦手なんですが、色々心境を語ろうかなって思います。
いやまあ語らなきゃいいんですが、このブログはあくまでも書きたいなって思った事は
余さず書いていくって言う縛りプレイをしているのはブログ開設当初から変わりませんしね。ええ。

面白くないと思うので、暇じゃない人はバックバックでお願いします(❀╹◡╹)
いやあの、ホント自分語りなだけなので、ホント注意ですよ!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。