--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wander gardenに対する重要なお知らせ

17:34


ハロウィンイベントのシトルイユってわかりますか?
そうです、ノーザン魔法学校のペットに大人気のカボチャ畑の端っこで
「やべぇカボチャ料理忘れた」とか言っているだけのあの子です。
だったらぼーっと見てないでカボチャ叩きなさいよと言いたいのは私だけでしょうか(

ともあれ、カボチャ料理を手渡した後、彼女にとって分が悪いハイアンドローを仕掛けてくる彼女には、
ハロウィンイベントでお世話になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
と書いている私もその例に漏れず、お世話になっている身なんですけれども。
というかなんで勝てないのーとか言う前に確立のお勉強をしましょう、いちたすいちはたんぼのた。

もうホント彼女の方が分が悪いことをいいことに、彼女からノーザンチケをむしり取ってやろうと
すさまじい数の冒険者が押し寄せてくる、ある意味人気者な彼女ですが…
一体彼女は元は何枚ノーザンチケを持っていたんでしょうかね。
そしてキュルビスさんは一体何枚ノーザンチケを回収したんですかね。
ていうかキュルビスさんはいくつの髑髏をイヤリングにしてきたのですかね。軽く死屍累々だと思うんですが(
なんかもう、アップタウンの賄賂4人組の総売上額に匹敵するECO七不思議の一つですね(


それよりもなによりも、ノーザンチケ以前にシトルイユさんは何回カードを引いたのでしょうね。
もはやその使用してるカードは手垢とか傷とか付きまくっていて、
裏返していてもカードが分かりそうなぐらいにカードがぼろぼろになっていそうな物なのですけれどもね。
うん、じゃなければ3連続同数とかぽんぽん出してこないと思うんですよね!!!
こっちの方が確率的に上回っているはずなのに手持ちが無くなるとか一体どういうことなんですかねええ。
何故12の後に13が引けるのか!何故1のあとに1が引けるのか!
そんな確立に対してのイライラを募らせていると、5回戦目で同数を選択し忘れて
「君なんて嫌いだ~」とか言われてしまうんですよね。

うん大丈夫、私も君の剛運が嫌いだ((


毟り取っている分際で何を言っているんだって話ですねはい(


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。