--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭の日について

08:53


28日は庭の日!



…と、ここで告知しようかどうか少々悩んだのですが、結局告知させていただこうかと思います。



スポンサーサイト

お詫びとお知らせ

07:44


水の泡って、綺麗だと思いませんか?


水の中に閉じ込められていた空気が、自力で脱出しようとする刹那の時。
今にもはじけそうで固唾を呑んで見守っているのに、いつまでたってもはじけない。
と思えばふと気を緩めた隙にぱちんとはじけたり。
泡に関しても、他の泡とくっついて融合したり、何かの拍子に分かれたり。
日常生活でよく見かける自然現象だと思えばそれまでですが、
注意深くみれば期待以上に綺麗な世界が待っていたりするものです。





…ええ。何でこんなこと書いているのかといいますと、
ただ単純に書いていた記事が水泡に帰しただけなんですけれどもね。






(ノ ゚Д゚)ノ == ┻--┻



エイプリルフール簡易レポ

03:19


嘘をつくのが認められているなら、嘘をつかなきゃもったいないじゃんそれ!!
                          ―――――――――― haruka=udu-ki (生没年不明)


私が始めてエイプリルフールを知ったときに発した言葉です。


そう、公に嘘をついていい日なのですから、
やはりブログと言う発信手段を持っている限り、騙される側ではなく騙す側でいたいものです。
そしてそれ以上に私にとっては、エンターテイメントを追求する上で欠かすことの出来ない一大イベントでもありました。
(当サイトのエイプリルフールネタについては、前の記事エイプリルフールをご参照下さい)

そんなエイプリルフールですが、一個人としての嘘には限界が当然あります。
あの嘘をつきたい!と直感的にひらめいても、自分にとっては実現不可能だったり、
はたまた理想と現実のギャップに悩まされて大幅に規模を縮小しなければならなかったり、
エイプリルフールだと気づくのが当日で、あわてて色々と考えてみるもののいいアイデアは思いつかず、色々とブラックジョークを却下していった挙句やっとの思いで思いついたアイデアを実行するために夜更かしをし、さらには一度2時間かけていた動画が全部消えたりして涙を呑み、結局最終的に会社に遅刻する某パンダの人(注:遅刻したかどうかは定かではありませんが)のように騙そうと思って散々な結果になってしまったりします。


ただ、その個人の枠を越え、毎年多くの企業や団体も
エイプリルフールに乗っかってさまざまな嘘をつかれていることはご存知でしょうか?

当然業務にも少なからず支障が出るでしょうし、
色々とコストをかけた割りにリターンは殆ど無いことかもしれません。
けれども、個人を越えた枠組みで作るエイプリルフールネタはおのずと完成度が高くなりますし、
毎年どこもしのぎを削るエイプリルネタを受け手として見ているだけでも、非常に楽しめるものがあります。

そしてやはり、何をするにおいても「あそび心」がないとやっていけない、と個人的には思うのですね。
その嘘の先に、物事に対して楽しみたいと言う人間性を私はすごく感じるのです。
そういう面でも、エイプリルフールは私にとって非常に楽しめる日だと思っております。


そこで今回、私が見れたエイプリルフールネタの中で、
特に印象に残っているものの中から少しだけ、ここでご紹介したいと思います(・ω・)


めくるめく、嘘つきワールドへあなたをご案内~|-`)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。