--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1垢2nd 『ネコマタ喫茶『不思議な樹』』

09:47


1垢の2つめの庭、ネコマタ喫茶『不思議な樹』を紹介するに当たって、
まずはどうしてこの庭が造られたのか。そのエピソードからお話ししていこうかと思います。

尚、1垢の旧庭、及び庭博という単語に関して不明な方は、
まず1stの紹介の方を先にお読みになることをおすすめ致します。
ちょっと方向性がまだ定まっておらず結構顔文字が出てくるのですが、気にしないで読んで頂けると幸いです。


スポンサーサイト

3垢1st『マンドラニンジンのプレ箱死守迷路』

09:42


wander garden管理人 『卯月遥』

今や数々のイベントに顔を出し、自身のブログまで持つようになったこのキャラ。
未だにガデナブローチを持ってないのに庭師を名乗っていたこのキャラ。(執筆時で、今はLv30です。
相も変わらずランダムヒールの自爆率の高いこのキャラ。
むしろOP誤爆率も非常に高いこのキャラ。稼働率も高くないこのキャラ。
しゅごキャラって結局何だったのかよくわからないと叫んでいるキャラ。

そんな卯月遥ですが、キャラが作成された当初はそんなに重要な位置づけではありませんでした。
1次職は30で早々と転職。すぐさまランダムヒールを取得して放置。
時たま低レベル巫女のMP回復手段、及び低レベルキャラのPTにかり出されるくらいなもの。
それもそのはず、今でこそメイン垢の一角を担っている3垢ですが、
作成された当時は単なる倉庫垢に過ぎなかったからであります。
よって倉庫キャラの稼働なんて微々たるものだった、というわけです。

不遇な3垢、そして卯月遥が、どうしてこうも大出世できたのか。


その時歴史が蠢いた。


今日は、そんなwander garden誕生のルーツ。その神秘と謎に、迫ります。




皆さんこんばんわ。
その時歴史が蠢いた。今日の主人公は、卯月遥です。

そもそも私は基本的にユーザーイベントに対して受け専といいますか、
参加するとしても見学者どまりで、決して表舞台には立とうとしなかった、という経緯がございます。
ですが現在は、このブログを筆頭に対外的に積極的な活動をしている ような気がします。気がするだけ。
では一体、どこを境にして方向転換をしたのか。そのきっかけは何だったのか。

今日のその時は、平成21年12月13日 でございます。
フリ鯖における庭博の位置づけである、庭師交流イベント『 GARDENS 』
その第1回が行われたその日、その時、でございます。

私はこの『GARDENS』に2つの庭を出庭させた訳でございますけれども、
それが、後の卯月遥、並びに3垢、そしてこのブログの運命さえも、大きく変える出来事となったわけでございます。

それでは今日は、その出庭させた庭のうちの1つであった、3垢飛空庭がどのように造られたのか。
そこからまずご覧頂こうかと思います。



なお、このブログはNHK『その時歴史○動いた』とは何の関係もありません(何


1垢1st 『行列の出来ない人魚の喫茶店』

15:40



「ただの庭には興味ありません」


つまりは、普通のごく一般的にありそうな庭も良いんだけれど、
何かしら特徴や特色がある庭が私は好き、ということなのですが。

今日ご紹介する1垢1st配置は、唯一その信条から逃れている特殊な庭であります。




要するに、ただの庭って事ですな(何




申し遅れましたが、当ブログでは自己紹介と同等の位置づけで、私の庭の紹介を行っていきます。
ブリーダーさんが自分のペットを紹介するのと同様に、自称ガーデナーはペットが庭なのです。ええ。
…そこ、痛い人とかいわない(`・ω・)σ

ちなみに、私の気質からなのかどうかはわかりませんが、
かぼちゃでのペット育成は大得意なものの、通常のペット育成が続かない私です。
そんなわけで、現時点では私のペットの紹介などは考えておりません。あしからず。

あ、庭紹介は何の前フリもなく普通に書いていきますですよ(´・ω・`)b





というわけで、本日は1垢の1st配置をご紹介させていただきます。
まずは実際に配置をご覧頂きましょう|ω・`)つ



卯月遥の生態系

17:00






【 追記 】


この記事はこのブログの草創期に書かれた、かなり古い記事でございます。

現在では文章の書き方もキャラクター情報もがらりと変わっております。



新しく書き直した記事はこちらと、立ち位置の部分はこちらになりますので、
そちらの方を御覧頂ければと思います。













敵を知り、己を知れば百戦危うからず 孫子

いや実際百戦も戦えば疲れると思うのですが、
ともあれ敵の情報を得ること。自分自身に何ができるのか把握すること。
それが戦において何より重要だということを孫子は説いている訳ですね。
ところで孫子って誰?孔子じゃないの?(´・ω・`)


いきなり冒頭で兵法なんか持ち出してきて、頭の上に疑問符がついた人が大勢いらっしゃると思います。



何を呆けているのですか!Σ( ̄□ ̄;!!


ブログとは戦場ですよΣ( ̄□ ̄#!!



昔の人はいいました。ブログを閲覧するもの、之全て勇者なり。と。

ブログという敵の陣地に乗り込み、コメント欄という突破口にて
その伝説の剣「ハリセン」で敵のボケをめっためたに突っ込まなければ、世界に平和は訪れないのです!

つまり、さしずめブログの管理人というものは世界の諸悪の根源、国会で言うなら税金無駄遣いしている議員、
コンビニで言うなら立ち読みはおろか飲み物のガラス扉に寄りかかって座り読みしてる迷惑な客ですΣ(_□_;!!


えと、そろそろボケるのも疲れてきたので突っ込んでいただけますか?(´・ω・`)





と、いうことで。
勇者の皆さん方には、敵がどんな思考回路の持ち主で、
どんなボケをかますのかというのを知っていただく必要があるわけですね。

以下、簡単に敵の情報を乗っけておきました。
一通り目を通した上で、各自戦場へと向かうようにしてください。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。